PR

本広告は、一定期間更新の無いブログにのみ表示されます。
ブログ更新が行われると本広告は非表示となります。

  
Posted by つくばちゃんねるブログ at

2015年08月07日

5月1日(金) モンマルトル、すずらんの花


    

いつに変わらぬサクレクールとヴィレット広場の回転木馬。
小雨にけぶるパリを望む・・・これはこれで、遠くの醜いビル群が見えなくてよい。

5月1日は、フランスもメーデーでお休み。
この日はかなり寒い、降ったりやんだりのどんよりした空模様です。
あいにくのお天気ですが、この日になると街角で売られるというミュゲ(すずらんの花束)を探しにモンマルトルへ。

うちを出て、駅に差し掛かったところで、若い男とすれ違いざまボソッと「ニー○オ」って。・・・
一瞬凍りつき、ムキッ!!となってふり返った時にはもう見えなくなってた。
その場で怒鳴り返してやれなかった悔しさ、言葉になりません。

これもまたよくあるパターンでね。いちばんよくあるかもしれないな。
こうしてちょっと気を緩めてるときに限って、容赦なくグサッとやられます。

・・・のっけからこれかよ。
その日一日呪われたような気分になりますが、気を取り直してメトロに乗りこみます。

   

アンヴェールの駅で降りたら、ものすごい人ごみでびっくり。
駅のそばのカフェ。アール・デコのデザインがいい感じ。

   

メゾン・ド・ローズかいわい。至るところに藤の花やリラの花盛り。
ブルーベルも咲いてる。。

      

ダリダ広場から。幻のようにうっすらサクレクールが。
変わらないモンマルトルの街並。。

   

アメリのカフェのある坂道まで来ると、あちこちにすずらん売り。
花屋さんの店頭にも。
帰りの地下鉄では、誰も彼もすずらんの小さなブーケを手にしている。。




  

Posted by う at 20:22Comments(0)巴里日記2015-5月

2015年08月08日

5月2日(土) 夕方の17区、5月の花たち


 

すずらん、甘く濃密な、それでいて爽やかないい香り。
5月の緑広がる草原にいるよう。

        

夕方、17区のPereireというところへ初めて行った。
ザ・パリって感じの典型的な美しい石造りの街並。
大通りの緑地帯、白い藤のアーチなどいい感じ。
駅前のカフェでくつろぐ人々もよい。
もう少し明るいときに、またゆっくり歩きにこよう。。。




  

Posted by う at 22:19Comments(0)巴里日記2015-5月

2015年08月08日

5月4日(月) マドレーヌ通り


     

WiFiの容量を変えてもらいに、またマドレーヌのオランジュ(ケータイ/ネット会社)へ。
・・・何だかんだで5回目くらい?
まぁでもこの通りは綺麗だし、この日は薄曇りの気もちいい散歩日和。

オランジュ、マドレーヌ通り、と検索すると、オレンジ入りマドレーヌのレシピばっかり出てきて困るw
おいしそうな名前ですが、実はけっこう苦い思いもさせられます。

今回も、応対したマダムが「はい、変えましたよ!」って言ってたにもかかわらず、ひと月後、変わってなかったことが判明!
怒り心頭でまた行くわけですが、そのときは前回とは別の人が対応するので、謝る気なんぞさらさらありません。
だいたいそんなもんなのです。
だいたいどこでも、自分の要求が通るまで5回くらいは通うことになる。

しかもこの国のネット環境って、日本の20年前くらい。
つながる=無制限、が当たり前だと思っているから、今さら容量で契約って、何だそれ?!ってなる。
これで文明国か? とときどきびっくりしたり、呆れたり。
・・・そしてしまいには慣れてゆくのです。。





  

Posted by う at 22:32Comments(0)巴里日記2015-5月

2015年08月09日

5月6日(水) モノップのザリガニたち


  

お昼を買いに行った学校近くのモノップ。(スーパーだけど衣料品なども置いてる。)
独特の色遣いの台所グッズなど、見ていて心楽しく、ちょっと好きなスポットです。
ザリガニ柄のナプキン、かわいい。
なぜかザリガニ、パイナップル、あるいはタコなんかを写実的にモチーフとしたデザイン、さいきんよく見かけます。
いっぷう変わった感じがトレンドらしく。。



  

Posted by う at 21:29Comments(0)巴里日記2015-5月

2015年08月09日

5月7日(木)1 郵便局の裏通り


           

郵便局までの通り、いい感じ。
毎回写真を撮りたくなります。。。

しかし郵便局、気を緩めてはいられません。
封筒ひとつ出すのに毎回ごちゃごちゃあってたいへん。。

職員さんいるのに、頑として切手売ってくれないんです。
切手を買う機械があって、そこで自分でやれって言う。
それが分からないから聞いているのにー。

メトロの切符売り場もそう。
人がいても、頑として切符売ってくれない。
機械指さして、自分でやれって言われます。

キミたち、機械を指さすのが仕事かって。
なるほど、これならどんなに機械化が進んでも雇用は安泰なわけね。。

いや、でも!! ときにはめっちゃ親切な職員さんいます。
そういう人たちが、機械の使い方懇切丁寧に教えてくれたりします。
もしくは、人の並んでない時間帯に辞書もっていって、画面の指示、首っ引きで調べるとか。。

おかげで今では、駅でも銀行でも郵便局も、機械操作ばっちりです。
スーパーのレジ通しすら自分でやります。
こちらでは、何でもひとりでできるよう、客のほうが仕事覚えるしくみになってます。。



  

Posted by う at 21:36Comments(0)巴里日記2015-5月

2015年08月10日

5月7日(木)2 リュクサンブール


      

久しぶりのリュクサンブール。
目にもあざやかな、宝石のような緑いろ。
人がいっぱい。。
そして、・・・寝っ転がれる芝生が少ないのが残念。。

有名な噴水の周りにはずらりと椅子が並べられて、みんな足を乗っけたりしてのんびりくつろいでます。
市内の公園て、わりとこのパターンが多い。
絵的にはとても素敵なんですが、正直、じっさいにはどうもね。。。

というのは、噴水のまわり、たいがい砂地なのです。チョーク質の白い砂。
しかもこの季節はあまり雨も降らなくて乾燥してますから、風が吹くと舞い上がるし、歩くと黒い靴が白くなるし、
もちろん椅子にももれなくうっすら付着してます。

私的には、公園でくつろぐなら断然、きれいな草の上に寝っ転がりたい!!
でも、こちら、芝生はたいがい立ち入り禁止のようでね。
一区画だけ、芋を洗うように人でいっぱいの芝生が。

これじゃぁあまり芝生の意味がないなぁ・・・と思いつつも、せっかく来たので端っこのほうにちょっと座りに行った。
そしたらほどなく、隣にいた女の子数人のグループで、誰かがボソッと
「中○人てさー、私どうもよく分かんないんだよねー」

来たかー。
いや私だってよく分かりませんから。

ひとときの憩いを求めて、たまに出掛けた先で、決まったようにこれが来る。
全く、憩いもクソもあったものではありません。

こうして悪気ないのが、実はいちばん始末悪いかもしれないなぁ。
自覚がないですからね。

しかし、しつこいよ、キミたち。溜)
いいかげん、人のことほっといてくれませんかね。。。




  

Posted by う at 20:37Comments(0)巴里日記2015-5月

2015年08月10日

5月9日(土) 壁紙を剥がす


 

夕べのひととき・・・といっても、もう夜の9時半とか。ずいぶん日が伸びました。。
いよいよ引っ越しも迫り、さんざん苦労して貼りめぐらしたあの壁紙をついに剥がすときが。

よしっ、やるぞ!と決めたら、豪快にいきます。
ベリベリベリッ!!! と一気にね。
剥がすときは、超楽だった。そして、全部まとめてゴミ置き場へ直行です。
スッキリ!!! 気持ちいいっ!!! 

とにかく早く引っ越したくてたまらなかったので、もう2週間も前から荷物をまとめ始め(早っw)、
掃除もゴミ捨てもだいたい終わって、さいごが壁紙でした。

こうしてあとから写真を見ると、まぁまぁ、けっこう素敵な住まいだったではないか、という気が・・・
してこないでもないので、もうそれだけでよしとしましょう。

夜ごはんの野菜は、冷凍のラタトゥイユ用角切りミックス。
1キロパックで売ってて、根菜中心のクスクス用もあります。
料理しやすくて、とっても重宝。



  

Posted by う at 20:38Comments(0)巴里日記2015-5月

2015年08月11日

5月12日(火) ちょっぴり19区


 

このころ、引っ越しの準備と並行して、秋から通う語学学校をいろいろリサーチしてました。
この日はある学校を見に。

2枚目の写真は、地域のコミュニティカフェっぽい。
このあたりは、便利なリサイクルショップなどもあってときどき来てました。

庶民的で親しみやすく、暮らしやすそうなカルティエ・・・
しかし正直、絵的にはどうも。
古い建物が壊されちゃって、新しいのが建てられてしまっているところが多くてね。
残念。。。




  

Posted by う at 20:52Comments(0)巴里日記2015-5月

2015年08月11日

5月13日(水) ヴィクトル・ユゴー界隈


    

ヴィクトル・ユゴーはもちろんかの大作家ですが、凱旋門近くの通りとメトロの名前にもなってます。
次に訪ねた学校はこのカルティエ。
めっちゃ親切にいろいろ説明してくれた。。

     

観光スポットから少し外れるせいか、閑静で、あまり人が歩いていない。
これも私的にはうれしいところ。
こんなに美しい場所なのに、不思議。
歩く人も、カフェに集う人々も、なんだかとてものんびり。
街全体に、モーツァルトの音楽のようなゆったりした空気が通ってる。。

     

このへんは、高級商業地区という感じ?
古い美しい建物がいっぱい残ってます。街並ぜんたいが美術館のよう!
こういうものを見て歩けるって、それだけで幸せ~
しかも天気はいいし(ちょっと暑かったけど)、街路樹のみどりは綺麗だし。

   

しかし凝ってるなぁ。
どれも似たようなデザインですが、どれひとつとして同じものがありません。
このへんまでくるとちょっぴりガウディ入ってるw



  

Posted by う at 20:52Comments(0)巴里日記2015-5月

2015年08月12日

5月15日(金) 引っ越し当日!


 

待ちに待った引っ越しの日です。
この日は分刻みのスケジュールでね。

朝、普段通り学校へ行き、午前中の授業のあと、新居の鍵を受け取りにモンパルナスへ。
それから飛んで帰って午後の授業へ滑り込み、終わるが早いかまたメトロ。
うちへ戻って荷物の運び出しとさいごのゴミ捨て、そして管理人に立ち会ってもらってチェックを済ませます。
何しろ管理人が6時で帰ってしまうので、そこまでが勝負でね。

でもおかげさまで無事終えました。
引っ越し先の14区までは、荷物と一緒にタクシーで。
タクシー、電話で呼ぶのが心もとなかったので予行演習までしていたのに、管理人があっさり
「呼んであげるよ」と、あっというまに呼んでくれました。
これはありがたかった!

それから管理人とタクシーの運転手と、二人で車に荷物を積み込むのを手伝ってくれましてね。
そんな全く期待してなかったので、大感激でした。
何て親切な人たちだ!!!

引っ越し先までけっこう距離があって、運転手さん無言で運転してるので、
「あのー、よかったらラジオでお好きな音楽でもかけてくださいね」って言ったら、
「ラジオ壊れてるんだよー」って。パリのタクシーらしいw

そして、ついに新居へ到着!!
ここから私のほんとのパリ生活が始まるのだ!!!

と、気分あがったまま夜中までガタガタやって、疲れた体を清めるべくようやくシャワーを・・・浴びようとしましたら、
いきなり排水口が詰まってて、床じゅう水浸しに。。。
何とも古式ゆかしいパリのアパルトマンな、新居第一夜だったのでした。。



  

Posted by う at 21:34Comments(0)巴里日記2015-5月

2015年08月12日

5月17日(日) パリの芸術的な壁たち


      

引っ越し3日め。
シャワーの排水問題は大家さんに連絡し、早々に水道屋さんが来てくれることに。
水道屋さんといっても、こちらでは<プロンビエ>(鉛管工)というらしい。
昔、水道管が鉛管製だったころの名残ですね。

それまでは最小限のお湯でなんとかやりくりします。
キャンプ経験は豊富なので慣れてるし、とくに困ることもないのですが・・・
まさかこんな場面で役に立つとはw

3日め、荷ほどきと大掃除もひと段落して、夕方、近所の散歩に出掛けました。
下町的な、いい雰囲気のカルティエ。
ぶらぶら歩くうち、こんな壁を発見して、感動してしまった。。

なんと芸術的な汚れ具合に剥がれ具合。
そのまま絵のようだ。。
こういうものがそのままに保たれているところが、この街のすばらしさ。




  

Posted by う at 21:35Comments(0)巴里日記2015-5月

2015年08月13日

5月18日(月) マレの街角


   

久しぶりのポンピドゥーセンター。
今日はこの近くのリサイクルショップに自転車を見に。
街角のカフェ、いい感じです。
街じゅう至るところにあるカフェ、どれも似たような顔してますが、みんないい感じで、いちいち撮りたくなる。。

   

お城のような市庁舎、見えてきました。乗り換えするのがめんどくて、ここまで歩いてしまった。(←よくよくメトロ嫌いw)
いつものメリーゴーラウンドも回ってます。
こういう美しい風景を日常に持てるのが、この街に住む醍醐味。
なのに毎日メトロではね。。やっぱり地上を移動したいのです。。

だから引っ越したらぜったい自転車を手に入れよう、そして二度とメトロは乗らないんだ・・・と決めてたんです。
まぁ、例のごとく、じっさいには一筋縄ではいかないわけですが。。




  

Posted by う at 21:23Comments(0)巴里日記2015-5月

2015年08月14日

5月19日(火) 洗剤コレクション


 

前の住人さんが残していってくれた洗剤関係。
カルフールの食器用洗剤はパッケージもシンプルでうるさくなく、そしてとてもフルーティないい香り。
その右側の二つはそれぞれ、流しにこびりつく石灰質対策と水回り専用。
いちばん右の赤い強力そうなのは排水が詰まったとき用なんですが、・・・あいにくさっぱり効きませんでした。。
でも、いろいろ使い心地など試せてよかった。

実は、戸棚の後ろ、暖房の後ろなど、家具を動かしてみたら腰を抜かすほどの汚れっぷり。
結局、さいしょの二週間はほとんど大掃除で終わることに。
たわしやスポンジ、ゴム手袋なんかも買ってきて、いざ戦闘開始です。。


  

Posted by う at 18:02Comments(0)巴里日記2015-5月

2015年08月14日

5月20日(水)21日(木) いつものオペラ


  

お昼のパンを買いに出るときのひとコマたち。
下の3枚はモノップの雑貨コーナー。
軽やかな赤、レモンイエロー、意外にこくのある水色など、色のひとつひとつに表情が。

  



  

Posted by う at 18:02Comments(0)巴里日記2015-5月

2015年08月14日

5月22日(金) 午後のシュマ・ヴェール


    

この近くの自転車屋さんに自転車を見に。。
シュマ・ヴェールは<緑の小路>という意味ですが、バスチーユから北へ、ほんとに緑地帯がのびていて、市民の憩いの場となってます。
写真は通りすがりの建物・・・あいもかわらず、ディテールが際限なくゆたか。




  

Posted by う at 18:03Comments(0)巴里日記2015-5月

2015年08月14日

5月24日(日) 朝の窓辺&ちょっぴりヴァンセンヌの森へ


 

大掃除もひととおりすんで、だいぶ居心地よくなってきた。
朝の軽やかな空気。窓辺にはエレピ。
レースのカーテンは前の住人が残していったもので、気に入ってる。
ギシギシなる古い板張りの床。
白と木の茶色だけの、心癒される片ほとり。

     

この日はパリ東側郊外に位置するヴァンセンヌの森へ。
半野生の広大な森のなか、道路と未舗装の小径が網の目のようにのびている感じはブローニュの森と同じ。

この中にある乗馬センターへ行きたかったのです。がしかし・・・

少し森を散策していたら、反対方向の端に辿り着いてしまい。
すごく大雑把な手持ちの地図と、ところどころに立ってる掲示板の地図を頼りにうろうろ。

乗馬センターの手前に植物園があって、その中を通っていこうとしたら、通り抜けができないんです。
けっこう広いのに手前の2か所くらいにしか出入り口がなくてね。

さんざん歩き回ってそれが分かったので、仕方なく引き返したら、その頃にはうわーっと人がいっぱい。
そのあいだを抜けてようやく植物園を脱出した時点でどっと疲れ果ててしまい、・・・諦めて、帰ってしまいました。。

でも、3時間くらいつぶさに歩いて、とりあえず森全体の右半分はもれなく制覇!!
一見ムダなウロウロも、次回以降に必ず役立つのです。
乗馬はまた来よう。。




  

Posted by う at 18:03Comments(0)巴里日記2015-5月

2015年08月15日

5月25日(月) 街路樹礼讃




ペンテコストの月曜日で休み。
5月は祝祭日てんこ盛りなんです。
もうちょっとほかの月に分散してくれても・・・とも思いますが、今回は引っ越しの準備やら、引っ越し後の大掃除やらで、やることがいっぱいあったので大助かりでした。

買い物の帰り。
みどりの木々にちょうど陽が射して、燃え立つようなきらきら。
どーっと幸福感が。。。

5月6月の緑がいちばん好き。
何て美しい。。
この緑に彩られたパリの街も、この季節がいちばんきれい。

5月に休みの日が集中してるのはこのためかも。
この緑をめいっぱい楽しめるように。。。



  

Posted by う at 21:43Comments(0)巴里日記2015-5月

2015年08月15日

5月28日(木) ちょっぴり車の話、など


 

道で見かけたかわいい車・・・しかも内装が赤と白。おしゃれ。。
パリでもロンドンでもそうですが、せっかく古い建物が街並レベルで残ってるのに
両脇にずらりと駐められた車が軒並みつるぴかの新しいのばっかでね。
景観的には、まったく夾雑物でしかありません。
とまってるのがみんなこんなレトロな車ならいいのに。
まぁ、それこそ法規制でもない限り、使い勝手や財政的な事情から、新しいほうに流れてしまうのは分かるけど。。

この日、人から教えていただいたお店で自転車を購入。
来週からいよいよ自転車デビューです。。





  

Posted by う at 21:43Comments(0)巴里日記2015-5月

2015年08月15日

5月30日(土) 水色メトロ


 

休みの朝のカフェ。
白木のテーブルにちょっぴりペンキの剥げた白い椅子、
テーブルの花とクロワッサンがいい感じ。

この日は久しぶりのスケートに。
リンクが開くと同時に入って、人の来ないうちに2時間くらい集中して滑り、混みだす前にさっさと帰る。これに限る。

   

ちょっといい感じのメトロのデザイン。
このパターンは7号線にいくつか。

 





  

Posted by う at 21:44Comments(0)巴里日記2015-5月

2015年08月15日

5月31日(日)1 バガテル公園




バガテルはブローニュの森の一画にある公園で、バラ園が有名。
6月には世界的な品評会が行われるとか。
5月さいごの日曜日、ひと足先に行ってみた。

 

バラももちろん見事でしたが、個人的には、今日のハイライト、この子!!
園内には孔雀が何羽もいて、人慣れて全く恐れません。
近寄ってもぜんぜん平気。ばっちりカメラ目線!w
「すごい、綺麗! すばらしい!!」と褒めたら、うれしそう。

鳥って人間のコトバ分かるみたい。日本語でもOKでしたよ。
「あのー、お願いしていいかな? 私、尾羽広げたところ、生で見たことないんだ。
面倒でなかったら、やって見せてくれない?」
と聞いてみた。そしたら、「よしきた!」ってこの通り。

   

これ、ほんとに感動ものでした!!
目の前で、豪華なスペイン扇を広げたみたい。
しかも、よく見えるように、広げた状態でその場で回ってくれるんです。
なんと美しい。。

          


  

Posted by う at 21:44Comments(0)巴里日記2015-5月