PR

本広告は、一定期間更新の無いブログにのみ表示されます。
ブログ更新が行われると本広告は非表示となります。

  
Posted by つくばちゃんねるブログ at

2012年07月08日

仏蘭西紀2012-1

いまになってしまいましたが、5月に旅行したときのことなど。

     ***

コレットとマルグリット・デュラスのことをずっと考えていたら、急にフランスへ行きたくなった。



Bonjour, France!...



エール・フランスの機内食。

 

シャルル・ド・ゴール空港の駅から地下鉄で40分ほど、北駅へ。

 

パリの朝。宿の窓から。



ガラス天井の北駅。

 

オペラ座前。

 

95番バスにのってみた。



モンパルナスへん。

 

終点まで行って戻ってきて、サンジェルマン・デ・プレで降りる。
白とピンクのマロニエが花盛り。



振り返るとドゥ・マゴ。
アンドレ・ブルトンの思い出のために。



クロック・ムッシュを頼んでみた。
たしか10ユーロくらい。+コーヒー。

 

そのすぐ裏がサン・ブノワ通り。

 

デュラスが亡くなるまで住んでいたアパルトマン。



見上げると、映画で見たと同じ街並。
みんな楽しそうにカフェで談笑しているなか、思わず涙がこみあげてくる。

 

    ***

  

サンジェルマンの教会にて。

  

セーヌまで、通りを歩く。



サン・ルイのガラス小物屋さん。
蝶やペガサスやハチドリ、王冠をかぶったカエル。

 

サン・ルイの教会。

  

セーヌって、何がそんなに特別なんでしょうね。
そこがセーヌだから?



パリ市庁舎。
つくばにあるアンジェブリッサって、なんかに似てるなーとずーっと思ってたんだけど。



逆光のコンシェルジェリ。



宝石箱のようなノートルダム。



パリの路地裏。

 

クスクスが、そのへんのコンビニみたいなお店で売ってるのです。
感激!

~つづく~
  

2012年07月08日

仏蘭西紀2012-2

 パリ3日め。

  

今日はノートルダムにのぼりに。

 

ノートルダムのなか。



有名なバラ窓。

 

外壁にもグルゴイユがたくさん。

 

30分くらい並びました。

 

ノートルダムにのぼって、グルゴイユを1匹ずつぜんぶ見てまわるっていうのが、子供の頃からの夢のひとつだった。

 

  

 

パリ市街をのぞむ。

 




↑この写真の左下、ひとりだけぺちゃっと低い屋根のままを頑固に貫いているのが、フランスっぽくていい。

 

彼方に見えるサクレクール。

 

街並がほんとに絵になる。

~つづく~
  

2012年07月09日

仏蘭西紀2012-3

激しい通り雨のあと、バトビュスのチケットを買ってセーヌへ。

 

アレクサンドルⅢ世橋を歩いて渡るっていうのが、パリに行ったら絶対やりたいことのひとつだった。

 

橋ぜんたいがひとつの芸術品。圧倒される。

  

  

 

海をテーマにしてるようで、水の生きものがたくさん。

 

 

ぐるっと一周してノートルダムへ戻ってきた。

 

ごちゃごちゃしたカルティエ・ラタン界隈を抜け、

 

 

リュクサンブールでひと息。

 

夕ごはんはまたクスクス(ただしきのうとは別の種類)。
と、サーモンとローズマリー入りペンネサラダ。

~つづく~
  

2012年07月10日

仏蘭西紀2012-4

パリ4日め。

 

宿のいろいろ売ってる自販機で、10枚綴りのカルネを発見。
短期の滞在で地下鉄とバスに乗るなら、これがいちばん。

 

伝説のムーラン・ルージュ。



坂のとちゅうのお店でキッシュ・ロレーヌを買った。



ゴッホが住んでた家。

 

 

 

モンマルトルの街角。

 

<霧の小路>。



デリダ広場。向こうにサクレ・クールが見える。



その道をのぼっていくと・・・



有名なメゾン・ド・ローズ。

 

いまも残る葡萄畑とラパン・アジル。

 

日曜日のサクレ・クール。

 

市街をのぞむ。



サクレ・クールのなか。

 

テルトル広場の裏通り。広場は人がぎっしりで、通り抜けるだけでせいいっぱい。

 

  

 

モンマルトルは坂道と階段ばかり。



<アメリ>のコリニョン青果店。

 

アベスとピガールのメトロ入り口。

 

 

若手アーティストの展示作品。

 

ブロンシュに戻ってきた。大雨にジーンズはびしょぬれ。

~つづく~
  

2012年07月11日

仏蘭西紀2012-5

パリ5日め。



地下鉄駅はたしかトリニテ。
この日はギュスターヴ・モロー美術館へ。

 

 

彼がじっさいに使っていた調度や、窓の外の景色。

 

ガラスに閉じこめたハチドリの剥製、いかにも好きそう。
この緋色の衣の女性は、パシファエだそう。

 

ポストカードにもなってた螺旋階段。



ヒドラとプロメシウス。この人の描くヒドラは、コブラのように立ち上がってて独特。

 

 

こんなに美しく繊細な絵を、しかも生涯にわたって精力的に描きつづけた人はそうそういない。

 

レダと赤い翼の悪魔。

  

有名なサロメ。

 

ペルシアの詩人とスフィンクス。



歩いてアベスを過ぎ、<プログレ>へ。



ビーフ煮&パスタ。

 

<プログレ>の窓から。

 

サクレクール下の広場は、いつも人でいっぱい。

 

ファンタジックな回転木馬。

 

 

そのあと67番バスに乗って、セーヌを渡って<イタリア広場>まで。
桐の花がすごく綺麗に咲いてた。

 

オステルリッツ駅まで歩いてまたバスを待つも、来ないので、地下鉄に切り換え。

  

ペール・ラシェーズの近くを散策。



宿のすぐそばの<シェ・ジャン>のタルト・オ・ポム。

そうそう、この日だったかな。夜遊びして帰ってきたら、大勢の人がみんなして同じ方向へ歩いていくの。
「みんな、どこへ行くんですか?」と、通りすがりのひとりをつかまえて聞いてみると、夜中の12時に、新しい大統領がバスティーユで就任演説をするんだって、教えてくれた。

~つづく~
  

2012年07月12日

仏蘭西紀2012-6

6日め、パリを出て、北部ノルマンディーへ。

 

 

<シェ・ジャン>で朝ごはん。
ここのクロワッサン、絶品!

 

あちこちで見かけたNAF NAFの広告。

 

バス停近くの絵になる街角。

 

20番バスの窓から。

 

おっとー、またオペラ座を通った。

 

サン・ラザール駅。

 

駅の売店で買ったコンポート&クランブル。



揺られること2時間、北端の港町トゥルーヴィルに到着。
ここでセーヌは海に注ぐ。

 

夏は賑わうそうだけど、いまはしずか。



どう見てもぬいぐるみ・・・。



極彩色の花壇。

 

 

ふしぎなパステルカラーの海。潮風に吹きなぶられながらずーっと歩く。



デュラスが長く住んでいたロッシュ・ノワール。



「2日間海辺で過ごすならトゥルーヴィルがいい。」
ここに滞在したことがあるプルーストの言葉。

 

 

雲の移りゆくにつれて光の調子が万華鏡のように変わる。



町へ戻って、観光パンフで見つけた小さなお店でノルマンディー風ガレットとシードル。



灯りのまたたきだすハイ・ストリイト。

 

夕闇迫る海辺へもういちど。
かなたのオンフルール、クリスタルの輝き。



ホテルのテレビでたまたま見た、たしか La Voix de Au Revoir とかいう映画。

~つづく~
  

2012年07月13日

仏蘭西紀2012-7

7日め。

 

朝の海辺をまた歩いた。

  

 

滞在した教会通りなど。

 

港町のフィッシュマーケット。

 

この日はドーヴィルからバスに乗ってカーンへ。1時間くらいだったかな。
ヤン・アンドレアがバスに乗ってデュラスに会いに来た道を、逆から辿ってみた。
海沿いの道や麦畑を抜け、カブール、ウルガットを過ぎてカーンへ。
 
 

市電に乗ってカーンの町なかを往く。
ヤンはこの町で大学院生だった。

 

カーンを歩くならここで降りるのがいい、と乗り合わせたイタリア人が教えてくれた。
町のまん中に城址みたいのと教会とハイ・ストリート。

 

トゥルーヴィルに戻ってまた列車に乗り、

 

夕方、パリ着。



<シェ・ジャン>で晩ごはん。タラとジャガイモのグラタン。

  

さいごの夜の名残を惜しみに、75番バスの最終をつかまえてセーヌへ。
通りは人がいっぱい歩いていて、昼間と変わらない賑わい。

 

ノートルダムの前にもたくさんの人。
そのあと地下鉄でベルヴィルまで行って、オベルカンフの近くの居心地のいい小さなお店でミント水を頼む。

 

泊まってた宿。



さよなら、北駅、さよなら、パリ。また来るね!

~おわり~