PR

本広告は、一定期間更新の無いブログにのみ表示されます。
ブログ更新が行われると本広告は非表示となります。

  
Posted by つくばちゃんねるブログ at

2012年08月29日

仏蘭西紀2012-8



夢のつづき。
8月の今回は夜発つ便で、パリ着は14日の朝4時くらい。
パリの夜景をはじめて空の上から見た。ほんとに綺麗、宝石箱をぶちまけたよう。

 

機内食。
スモークサーモンとカマンベールに白ワイン、とっても幸せ。
正直、メインよりそっちのほうが・・・。

 

着いたよ! 空港にて。/ シャルル・ド・ゴールから北駅へいく地下鉄。
気もちよく熟睡してたら、終点に気がつかなくて、黒人のお兄さんがそのへんをガンガン叩いて起こしてくれた。

北駅から乗り換えてシャトレで降りてみた。夜明け前で、しずか。

 

窓辺のにゃんこ。♡×♡×~!!!/ カラフルでご機嫌なプジョーのバイク。

 

通りを抜けて、セーヌへ。水のおもてもまだしずか。
差しそめた朝日にばら色に染まるコンシェルジェリ。なんか懐かし~

 

河岸ぞいをぶらぶら歩く。

 

この横丁はお気に入り。たしか5月のときも撮ってる。

 

やっぱりさいしょにここに来ないとね。
いつも人で溢れかえってるノートルダム前広場も、この時間はしずか。

でも、私的にはこの角度からの姿がいちばん好き。いちばん絵になる。私的には、ここが正面。

 

ノートルダムがシテ島という小さい島の上に、しかもこんなふうに石壁で固められた島の上に建てられてるのは偶然じゃない。
ここから見るノートルダムは、方舟を思わせる。
イーリーの大聖堂と同じくノートルダムも、人類を救済するシンボルとしての方舟のイメージにのっとって建てられているのだ。
そのことにはじめて思い至る。

 

恋人橋のパドロックたち。/ 川むこうに望む市庁舎。

     

ナポレオン橋とかポン・ヌフとか。

 

オペラ座のそばのカフェ。

 

サン・ラザール駅まで歩く。ここから、ノルマンディーの旅のつづきへ。
   

2012年08月30日

仏蘭西紀2012-9

5月にさいごに訪れたカーンを過ぎ、ノルマンディーの北端、シェルブールへ。
そんなカトリーヌ・ドヌーヴの大ファンというわけでもないのだけれど。



列車に揺られて3時間。
5月のときは緑のなかに菜の花畑の黄色がアクセントで目についたけど、8月のいまは、刈り入れの終わった茶色い麦畑に、ヘイロールがごろごろ転がってる。

    

シェルブールは少しうらぶれた感じの薄暗い港町。
旅したあいだ、この町でだけどんよりと曇って、雨も降った。雨傘ともの悲しい物語が、ほんとに似あう。

              

2日目は町の中をゆっくり歩き、波止場のいちばん先っぽまでずっと歩く。

         

 

鏡を突きつけられたような気がして足がとまった。
ジャン・フランソワ・ミレーがそのさいしょの妻ポーリーヌ・ヴィルジニー・オノを描いた絵だそう。
<晩鐘>のあのミレー。もともとノルマンディーの生まれで、ここシェルブールでポーリーヌと結婚したのだそうだ。彼女は3年後に結核で死んだ。
  

2012年09月01日

仏蘭西紀2012-10

シェルブール、つづき。波止場の情景。

              

町に戻ってきた。

        

夕方には、半島の突端をめぐるバスの旅。入り江に抱かれた小さな村々をまわり、風光に触れたし、地形がよく分かった。

 

町のケバブ屋さん。

 
      

夜の9時過ぎまで明るいので、ついめいっぱい歩いてしまう。


     

2012年09月02日

仏蘭西紀2012-11

3日目、シェルブールを出発。ノルマンディーをあとに、こんどはブルターニュを巡る旅へ。

   

リゾン、ドル・ド・ブルターニュで乗り換えて、夕方、ディナン着。

   

ディナンは、古い石塔や木組みのコロンバージュの美しい、中世の面影を残す城砦の町。

   

時計台の上からのぞむ風景。

       

教会のなか。ステンドグラスの光が石の床に差す。

     

泊まった宿が、駅から3キロ、なにもそこまで自然豊かじゃなくても! みたいな山の中にあって、行き来がたいへん。


   

2012年09月02日

仏蘭西紀2012-12

4日目、ディナンからバスで1時間、サン・マロへ。
日の光のあかるい港町。

 

サガンが若いころ、よく夏に仲間たちと来ていた。
でも、あまりに人がいっぱい来るようになったため、そのうちサガンたちのあいだで「サン・マロに行かないこと」が流行るようになった。

   

町の城壁の上をぐるっと歩ける。
とても暑い日で、コーヒー味のアイスクリームを買って食べ歩き。 

   

服のまま裸足で海に入って遊んだ。
水はすっごく冷たい。
金色の雲母のかけらのまじった茶色い砂が流れ動き、そのうえで波の光の網目模様がゆらゆら揺れる。
結局服の裾はずぶぬれになったけど、照りつける日差しに、それもたちまち乾いた。


    

2012年09月03日

仏蘭西紀2012-13

5日目、真っ暗なうちにディナンの宿を出て、7時前の列車。
窓辺で揺られるうちにだんだん明るくなってきて、朝もやの立ち昇るメドウや、さいしょの光の差す小麦畑が流れ過ぎる。

 

焼きたてのクロワッサンの香る駅舎のブラッスリ。
サン・ブリューで接続待ちのプチ・デ・ジュネ。

   

この町に、訪ねたかった。
ギャンガン、ヤン・アンドレアの生まれた町。

   

デュラスを辿る旅のつづき、至高の愛の物語。
そのかけらをさいしょに紡ぎ出した町が、ブルターニュの懐深くにひっそりと息づく。

   

土曜の朝のマーケット。コアフをつけたおばあちゃんたちの絵葉書を売ってたりする。

   

裏通りに迷いこんだ。町の中を流れる川ぞいの片ほとり、時の流れもしばしたゆたう。

 

再び列車に揺られ、ブルターニュの西北端、ブレストへ。
窓辺に流れる川がしだい幅広く、対岸は遠くなり、やがて河口となって海へ注ぐ。
霧雨に霞む彼方の陸影。
  

2012年09月04日

仏蘭西紀2012-14

ブレストからバスに乗り、半島の南側、カンペールへ。

 

カンペールは重厚な石造りの歴史ある町。

 

町の中心にどっしりと聳える教会。

     

けっこう夜遅くまで、たくさんあるクレパリーも観光客で賑わう。

  



ディナン辺ではガレットだったのだけど、この辺ではなぜか、どこでもクレープだった。クレープだとそば粉が入らない。
complete=oeuf+jambon+fromage, et bien sur, de cidre!

 

朝、まだしずかな町の通りをぶらっと散歩。

     

 

町じゅういたるところ花で飾られている。

 

駅カフェで朝ごはん。というか、バス2時間待ち(さすが田舎の日曜日・・・)

  

2012年09月05日

仏蘭西紀2012-15

カンペールの駅からバスに乗り、コンカルノーを過ぎて、ポンタヴェンという小さな町へ。



タヒチに渡る前のゴーギャンが、一時期この町に住んで、ポンタヴェン派というのをつくっていた。

    

ゴーギャンの絵には正直それほど心惹かれないが、彼の木彫りのレリーフは原始的な迫力があってすばらしい。<ノア=ノア>とか。

     

<月と6ペンス>はアートについて考えようとすると思い起こさずにはいられない。
タヒチで死んだゴーギャンがさいごにキャンバスに残したのは、記憶と想像で描いたブルターニュの雪景色だった。
  

2012年09月06日

仏蘭西紀2012-16

6日目の夕方、パリに戻ってきた。

 

ブルターニュからのTGVはモンパルナス駅。
まだ明るかったので、セーヌへ向かってゆっくり歩いてみた。

 

この半身のユニコーンはほかの町でも何度か見かけた。
NAF NAF のショーウィンドウ。

 

宵空のサンジェルマン・デ・プレ。
界隈のカフェに灯りがまたたきだす。独特の華やぎ、立ち去りがたい思いにさせる。

    

セーヌは夜。誰も彼もがそぞろ歩き、光の洪水のなか、川面をすべりゆく甲板から手を振って、歓声を上げる。
この町は1年中、毎日がお祭り。



75番バスを待つ。
宿に荷物を置いてから、オベルカンフの気に入りの店に行ったけど、閉まっていたので、その近くの<ル・ゴンクール>という店でコロナを飲んだ。

     

出発の朝は<シェ・ジャン>でコーヒーとクロワッサン。
歩道のわきにはもう落ち葉が。

   

さよならはいつも北駅。5月の工事もほぼ終わってた。
Au revoir, またね! 夢だけで終わらなかったね。

~おわり~
  

2012年09月17日

資料など- パリ編



5月と7月の旅行でもらってきた地図やバスの時刻表など、いろいろ整理してまとめたら、その重さにけっこうショック。
いつも何となく捨てられずに持って帰ってきてしまうのだけど、にしてもこんな重いの全部持ち歩いてたのか・・・。

 

ロンリープラネット、ポケット版仏語辞書、それに、パスポートナンバーやTC番号など控えておくノート、これに日記も書く。必携の旅の友。



昔聞いていたラジオ仏語会話のテキスト、気に入っていて、今もとってある。
出発前、カフェに通って、もういちど猛勉強した。



機内食のメニュー。

 

空港でもらったパリの地図。けっこう役立った。
地下鉄とバス路線図は、すり切れてボロボロ。



地下鉄の切符など。

 

バトビュスの案内パンフ。



その辺で買ったお菓子のパッケージ。



ムーラン・ルージュのパンフ。モンマルトルに行ったとき、空席ありますか? と聞いてみたら、木曜日までいっぱいだと言われた。
  

2012年09月17日

資料など- ノルマンディー編



トゥルーヴィルの浜辺で拾った貝がら。

 

トゥルーヴィルゆきの切符、案内パンフなど。

 

町の地図。横っちょの紙は、駅の女の人がTICの場所を説明するのに描いてくれたもの。親切な人だったな。

 

レストラン案内は、おいしいガレットに出会うのにとても役立った。
年間行事パンフはあんまり意味なかったけど・・・



間違えてもらったドーヴィルの地図。

 

トゥルーヴィルからカーンに行った時のバスの時刻表と、カーンのトラムの路線図。



カーンの駅で買ったダークチョコ+オレンジのお菓子。

 

シェルブールの地図など。メモ書きは、TICの人がサンマロへの行き方を調べて書いてくれたもの。実はもっといい行き方があったのだけど。
  

2012年09月17日

資料など- ブルターニュ編

 

 

絵ハガキたち。

 

ディナンへ。

 

 

ディナンのパンフ。

 

サン・マロの地図。



ギャンガンからカンペールへ。



ブルターニュの地図。これはブレストでもらったかな。

 

カンペールの地図と、周辺のバス時刻表、電車の時刻表。