PR

本広告は、一定期間更新の無いブログにのみ表示されます。
ブログ更新が行われると本広告は非表示となります。

  
Posted by つくばちゃんねるブログ at

2015年08月20日

6月1日(月)1 ギャラリー・ヴィヴィエンヌ


      

自転車デビュ~♪
水を得た魚~♪ 気分いい~♪
やっぱり私は自転車の機動性とちょうどいい速さ、視界のよさがいちばん好き。

この日は学校のあと、両替しにburseへ。
その帰り、近くの美しいパサージュ、ギャラリー・ヴィヴィエンヌへ再訪。
月曜のせいか閉まってる店もあって、地元の人たちが静かに散歩してる感じでしずか。




  

Posted by う at 05:33Comments(0)巴里日記2015-6月

2015年08月20日

6月1日(月)2 ポール・ギャラン公園/怒りは何をなすべきかを人に指し示す


   

のどかな午後のひとコマ。。
シテ島の西側の先端は、ポール・ギャラン公園といういい感じの公園になっている。
パリジャンがピクニックするのにとくに人気だとか。
ここへ行くにはわきを通っている大きな通りから一階分くらい降りていく。

前からいちど行ってみたかったのだけど、降り口がなかなか見つからなかった。
その大きな通りを渡ってると、次から次へ信号や交差点で忙しい。
車をよけたり信号で走ったり、わさわさしてるうちに気がつくとセーヌの反対側まで来てしまっていて、あぁまた行きそびれてしまった、って思うことがいつも。

まぁいいや、またこんど、と思いつつも、なんだかいつも、なんか騙されたような、納得いかない気持ちであとにする。
で、今日こそはぜったい降り口を見つけてやる!と。

思うのだけど、なかなか辿り着けない場所って、やっぱり行かないほうがよかったのかもね。
パリジャンが憩いに集う場所で、東洋人の私はまたまたクソいやな目に遭ってしまい、早々に引き上げてきた。。

ときどき夢想するのです。
人種差別主義者どものことは、勝手に私刑にしていい、っていう法律だったらね。。
そしたらマシンガンで片っぱしから全部撃ち殺してやるのに。

でも、やっぱりそういう法律じゃないほうがいい。
間違って関係ない通行人を撃ち殺してしまったら、取り返しがつかないですものね。
民間施設の誤爆みたいなことになっちゃう。

「怒りは表現されることではなく、行動を求めている。
 私たちは・・・怒りが示す方向に向かって行動を起こさなければならない。」
(ジュリア・キャメロン)
ということで、今回の私の答えは、これ。



<いいえ、私は日本人です!>バッジ。直径8.5センチ、ジャム瓶の蓋にて作製。
そこまでやるかって。
はい、すみませんが私はやります。訳わかんないバカが多いのでね。

もちろん日本人以外の東洋人でも、礼儀正しく常識を弁えた人たちはいる。
こんなのつけて、彼らにいやな思いをさせたくない。
そう思って躊躇していた。でももう、申し訳ないけど私は自己防衛します。

今では外出るときは必ずつけていきます。
肩の上のほうにつけて、私の顔見たら同時にぜったい目に入るようにしてる。
それ以降、頭に来ることは劇的に減りました。

あとはとことん居心地のいいおうちが、明日への活力を養ってくれる。。

  



  

Posted by う at 05:42Comments(0)巴里日記2015-6月

2015年08月20日

6月2日(火) 朝のセーヌ左岸


      

朝、1時間早く出て電力会社へ。これも4度めくらい? いろいろ面倒でね。。
でも、オステルリッツの辺からセーヌに降りて、川沿いにずーっと行ったら、ほとんど人いなくて最高。
涼しくて、寒いほど。

ノートルダムのあたりまで来ると、ガッタガタの石畳でとても自転車こげないので、石段を担いで上がり、そこからは上の道を。
サンミシェル界隈、このへんはいつも人がたくさん。

騎馬隊が列をなして移動するのに行きあった。ラッキー♪
馬、好きなのでめっちゃ気分アガル♪

  

帰り途、うちの近くで、自転車で歩道へ斜めから乗りあげようとして、けっこう派手に転んでしまった。
そしたら、わきをすまし顔でさっさか歩いてた綺麗なパリジェンヌがぱっと寄ってきて「大丈夫?」と聞いてくれた。
世の中、こんなすばらしい人もいる。。




  

Posted by う at 05:47Comments(0)巴里日記2015-6月

2015年08月21日

6月3日(水) 窓辺に花を


     

午後、シテ島の花市を再訪。
紫のロベリアとペチュニアを買ってきた。
お店のおじさんに、手入れの仕方、水のやり方など丁寧に教えてもらった。

いろいろ何度も枯らしてきた過去があるので、かなりびくびく。
逞しく生き残ってくれるといいのだけど。。さいごの写真の、近所の窓のように。




  

Posted by う at 03:53Comments(0)巴里日記2015-6月

2015年08月21日

6月4日(木) 煌めきのセーヌ


   

帰り途はいつも人でわさわさ。
オペラ通りを抜け、ルーヴルの中庭を抜けてセーヌがぽっかり広がると、ほっとする。
午後はいつも西側が逆光にきらきらして、写真撮りたくなる。
この頃のアルバムは同じ場所の似たような構図ばかり。



  

Posted by う at 03:55Comments(0)巴里日記2015-6月

2015年08月21日

6月5日(金) 今日もセーヌ


    

遊覧船、いいな。こんな天気のいい日はまた最高だろう。
でも、自転車でのんびり橋を渡りながら川おもてを眺めるのもまた最高♪



  

Posted by う at 03:57Comments(0)巴里日記2015-6月

2015年08月21日

6月6日(土) シャンパーニュⅠ


   

語学学校の企画の旅行。早朝バスでパリ発。
さいしょはたしかレンヌという街。教会のまわりに昔風のテントが張られ、中世の衣裳を着た人々がお祭りの準備をしてる。
こうしたイベント、いまフランスじゅうで流行ってるのだそう。

    

聳え立つ大聖堂・・・でも壁のグルゴイユに、どう見ても変なのがいるんですけど。。

   

入口のところの<微笑みの天使>は、とても有名なものなのだって。
そう言われればどこかで会った気もするね。。そのとなりのすまし顔の聖女もいい感じ。。



  

Posted by う at 20:12Comments(0)巴里日記2015-6月

2015年08月21日

6月6日(土) シャンパーニュⅡ


     

レンヌの教会のつづき。中に入ると、聖歌隊の子供たちが歌の練習中。
歌の先生、うろうろ歩きまわる観光客には目もくれず、熱心に指導してます。

     

美しいステンドグラスの中には、現代風のデザインのものも。でも違和感なく調和している。

    

聖歌のコーラスがこの空間を震わし、ひびきわたる。




  

Posted by う at 20:13Comments(0)巴里日記2015-6月

2015年08月22日

6月6日(土) シャンパーニュⅢ


  

レンヌの教会を出て、街を少し散策。

    

さくっとウェハースのような食感の名物<ビスキュイ・ルージュ>で有名なお菓子屋さんなど。

 

陽を浴びてテラスで憩う人びと、など。

   

教会のほうへもどってきました。
コスプレ祭り準備、着々と進行中。こんなちっちゃな子まで、昔の衣裳で昔の遊び。。

  

それからバスはレンヌをあとに、田園を抜け、<シャンパーニュ街道>を過ぎて、醸造過程を見学できるワイン農家へ。




  

Posted by う at 20:15Comments(0)巴里日記2015-6月

2015年08月22日

6月6日(土) シャンパーニュⅣ


     

ワイン農家の広い庭。夏花がたくさん。
白と黒のウコッケイがいた。足にまでふさふさ毛が生えてて、マスコットぽくてかわいい。

    

村の感じ、山梨のワイン郷っぽい。斜面になってて。

     

村の下にはしずかな川が。いい感じ。

 

ふたたび広い田園をバスに揺られて、パリへ。





  

Posted by う at 20:16Comments(0)巴里日記2015-6月

2015年08月23日

6月7日(日)~10日(水) ラスパイユ通り、など




6月7日(日)

一日、家でテスト勉強。。

   

6月8日(月)

いつもの帰り途。めっちゃ快晴。暑い。。

 

6月9日(火)

いつも通るラスパイユ通りの花屋さん。いい感じ。

      

6月10日(水)

いつもいい感じのカフェの店先や、プチホテルの門構え、レリーフの凝った扉など。。

       

いつものセーヌやサンジェルマン・デ・プレなど。。




  

Posted by う at 19:30Comments(0)巴里日記2015-6月

2015年08月24日

6月11日(木)・12日(金) ブルスの警察署、など


  

自転車、盗まれてしまった。鍵かけてたのに。
2週間にもならない。短かったな。
このへんは色々と頭に来る経緯もあるので、ぜんぶ省略。

最寄りの警察署に歩いていくと、ちょうど店じまいのところだったようで、明日出直してこいと追い返される。
フランス人が「明日、明日」って言うのが得意なことは知ってたが、お巡りさんにまで言われるとは。。

   

6月12日(金)

朝イチで出直す。ブルスにある警察署のまわり、細い路地がいい感じ。
被害届はけっこう煩雑な手続きだったが、私の下手くそなフランス語を見かねて、供述書をお巡りさんが代わりにつくってくれた。助かった。。

      


ブルスからオペラまでのオフィス街、朝はしずかでいい感じだ。
いつもと違う道っておもしろい。




  

Posted by う at 20:20Comments(0)巴里日記2015-6月

2015年08月26日

6月12日(金)つづき 歩いて帰ってみた


  

はぁー、またメトロに逆戻りか。イヤだなぁ。
頭にきた勢いで、歩き始めてしまった。

    

距離にして5,6キロ?
道々写真を撮りながら歩いたら、2時間以上かかった。疲れた。。

    

でもいつも自転車で通り過ぎながら、いつか撮りたいな、と思っていたところ色々。




  

Posted by う at 00:27Comments(0)巴里日記2015-6月

2015年08月26日

6月14日(日) 日曜のマルシェ、石畳の散歩道


       

日曜日、買い物がてら、近所をお散歩。。スーパーが昼で閉まっちゃうのでね。。

   

アレジア通りの並木道は、はじめて来たときから街路樹とアパルトマンの窓の表情との絡みがほんとにいい感じで。

     

一本わきへ入ると、ゆるやかに曲線を描く路地や、公園のみどりに縁どられた遊歩道。
行き交う人々の足取りものんびり平和。。




  

Posted by う at 18:13Comments(0)巴里日記2015-6月

2015年08月27日

6月15日(月) サン・マルタン運河、など


         

オペラから、ビュット・ショーモン公園近くのスケートリンクまで歩いてみた。
けっこうな距離。1時間くらい?

秋からのクラスを申し込みにいったのだけれど、やっと辿り着いたら、窓口のお姉さんに
「申し込みはネットからしかできませんよ」と一言。。

サン・マルタン運河が近かったので、帰りは運河ぞいにレピュブリックまで歩く。
いつも若者たちでごった返してる印象だが、今日はしずか。



  

Posted by う at 20:13Comments(0)巴里日記2015-6月

2015年08月27日

6月17日(水) さよならアモリーノ


  

この頃からしばらく、朝はメトロで来て、帰りは歩く、という日課に。
この日はラスパイユ通りに入ってほどなく、ノートルダム・ド・シャンのところで右へ折れる道をはじめて通ってみた。

クレープ屋さんやなぜか日本料理の店が並ぶ細い路地、楽しい。
モンパルナスにはクレープリーが多いと聞いていたけど、この辺だったのね。

暑い日だったので、通りがかった有名アイスクリーム店<アモリーノ>、初体験。
なんとばらの花の形に盛りつけ!

・・・残念ながら私には超絶ダメ、なことが分かった。。やっぱりジェラート系は苦手みたい。
残念だけど、おかげで通るたび、入ってみたくなる誘惑にさよなら。

手がベタベタになってしまって、カウンターのお姉さんに流しありませんかときいたらないと。
途方に暮れていると、紙ナプキンを水で濡らして即席おしぼりをつくってくれた。
めっちゃ親切!! ああいう機転きかせてくれる人、素敵。




  

Posted by う at 20:14Comments(0)巴里日記2015-6月

2015年08月27日

6月19日(金) サントノレ通り


           

朝の時間ってそれ自体がいいパワーをもっていて、物事が捗る、というのをこんまりさんが書いてた気がする。
手続き関係の雑用についてもそう。
窓口の人も余裕があって親切に対応してくれるし、色んなことがすいすいはかどる。

けさは朝イチで大使館へ。そして大使館から学校まで、歩き。
フォーブル・サントノレをずーっと抜けて、ヴァンドーム広場を通って、オペラまで、1時間くらい。
朝の澄んだ空気、通りに人も車も少なく、とてもよかった。
帰りも歩き。ずいぶん慣れてきた。

♪フォーブル・サントノーレ 伝説の並木通り 古い雑誌をめくれば・・・

ってユーミンの昔の曲があってね。
だからサントノレ通り、並木道だと思ってたら、並木なかった。。

 




  

Posted by う at 20:14Comments(0)巴里日記2015-6月

2015年10月03日

6月21日(日) Fete de la musique 音楽祭1

ご無沙汰しておりました。またぼちぼち上げてゆきたいと思います。よろしければおつきあいください。

     ***

毎年この日はパリじゅうの至るところで音楽イベントがある、らしい。
夕方出て、エッフェル塔のあるシャン・ド・マルス公園目指してのんびり歩き始めた。

  

近所のパブ。地元民の憩いの場。
<ホテル・カリフォルニア>だとか、そういう定番曲のバンドがやってた。

 

バーカウンターに飾られた紫陽花と、ガラスに映る通りの景色。。

 

裏道を抜けて、モンパルナスを過ぎ、アンヴァリッドの裏手の緑地でくつろぐ若者たち。
いや、こっちが表側なのかも。

    

このへん、建築がすばらしい。。街じゅう美術館みたい。

    

月の女神さま、いい表情だ。。

 




  

Posted by う at 08:29Comments(0)巴里日記2015-6月

2015年10月04日

6月21日(日) Fete de la musique 音楽祭2


 

シャン・ド・マルス公園、エッフェル塔と反対側の端に仮設ステージが設けられて、白い水兵服の大編成バンド。



芝生の上ではピクニックする人たち。

  

公園の横手の家並みが、またいい感じで。・・・

  

建物のあいだから巨人のように見下ろすエッフェル塔。。

  

セーヌまで来た。ここの岸ではR&B系のゆったりした音楽が大音量で。
そしてここでも、たくさんの人。

家からここまで、ずっと歩き。今日もよく歩いた。。
さすがに疲れ果て、アレクサンドルⅢ世橋からはメトロで帰路へ。。ちょっと悔しい。。




  

Posted by う at 06:16Comments(0)巴里日記2015-6月

2015年10月04日

6月22日(月)1 いつものサンジェルマン


 

この日は朝、サンジェルマン・デ・プレで降りて、オペラまで歩いた。
上はドゥ・マゴ。さすがに朝はしずか。・・・

 

一本入った先にある Le Petit Zinc。いつ見ても素敵だね~

  

角っこの小さなラデュレ。ディスプレイ、あいかわらず可愛いね。。
あいかわらず、マコロンは苦手だけど。。

   

セーヌへ抜ける細い通り、ひっそりと心惹かれる中庭や、・・・

 

・・・いちいち絵になる家並みや。。




  

Posted by う at 22:37Comments(0)巴里日記2015-6月