PR

本広告は、一定期間更新の無いブログにのみ表示されます。
ブログ更新が行われると本広告は非表示となります。

  
Posted by つくばちゃんねるブログ at

2015年11月21日

9月あたま~ 片づけプロジェクト つづき


今回、写真に撮ったり電子化したりしたもろもろのごく一部。。



子どものころの絵。9才くらい。。

  

夏休みの自由研究w 11,2才。。

 

14才くらい。。

 

ネコの箸置き。これは母の作品。私が小さいころ。/キツネの栓抜き。14才くらいのとき。

 

大学のころのスケッチ。。



***

今回、いろいろの手続きや買い物に加えてぜひともやりたかったこと、それは・・・

片づけプロジェクトのつづき。。

去年、こちらへ引っ越すまでにひと区切りはつけましたが、まだまだやり残したことがたくさん。。
残っているのはおもに、長年のあいだに吹きだまった色んな作品等の整理と電子化作業。。
で、おうちにいる限りはこちらに没頭してました。。

今回も、思い出してもういちど見たいけれど見つからない、っていうものがいくつもあって、ずっとモヤモヤ。。
つくづく思ったのは・・・
そのときどきでぽっと思い出す、あのときのあれ、どこだっけ・・・
それをさっと取り出せる=片づいてる、ということなんだな、と。

最大の問題は、たぶん、カテゴリ分け。
目下の結論:とにかく年代順に並べる!!
分野で分けないで、何もかもすべて年代だけでまとめておいたほうがいい。
分野で分けても結局その中でまた年代順に並べることになるのだし、それからまたビミョーに2つ3つ分野またいでいてどこにカテゴライズすべきか迷い、カテゴリ難民みたくなっちゃってるものもあったり、そうこうしてるうちに訳分かんなくなってくる。。
見つからないっていうのは、たいていそれが原因だ。

ほんとに、きちんとオーガナイズしておくって大切。
決して想像力や創造性と矛盾しない。
それどころか、それらをサポートするのだ。
自分の仕事を年代順に並べ、いつでも取り出して眺められるようにしておくこと。
それがつまり可視性ということであり、自分の仕事へのリスペクトでもある。。
そんなことを改めて考えつつ・・・

とにかく、つくづく思ったのが、何だかんだとほんとにほんとにいっぱいあるなーと。。
そしてほんとにほんとにとっ散らかってる。。
全部キレイに並べるまで、まだまだ道は遠い。
いまだ、ゼロにも達していない。
ふぅ・・・気が遠くなる。。
けれど、すべて自分がやってきたことだから。
自分で始末をつけないと。。




  

Posted by う at 22:21Comments(0)巴里日記2015-9月

2015年11月23日

9月21日(月)~ 再びパリへ


  

新しい学校のまわりの景色。。



***

久しぶりのつくばもよかったけれど、久しぶりのパリもまたよし。
3週間いなかったあいだに秋もすっかり深まっていた。
夜、バスに揺られて街を抜けていくと、その美しさに改めて心打たれたり。

こちらに戻って、まずは新しい学校の登録手続き。
それから、滞在許可更新の件でまたプリフェクチュール(警察)から呼び出しを受けていたので足を運ぶ。

と、そこでまったく思いもしなかったひどい仕打ちを受けることに。
ほんとに、一寸先は闇だ。
どれくらいひどいかっていうと、

はあ?! ふざけんな!!! んなことしていいと思ってんのかよ?!!!!!!

みたいな。
あまりに頭に来て、怒りのあまりしばらく体調を崩したほどだった。

警察に訴えてやろうにも、相手が警察だ。どうしようもない。
イヤならフランスから出ていけっていう話になる。

あとから色々調べたり、大使館に訴えたりして、そんな仕打ちを受けたのが私だけではないと知ったけれど・・・

つくづくと思ったのは。。
世界じゅうどこに住むにしても、まず第一に許可を求めなければならない相手とは。。
それはイミグレでも警察でもない、私自身だ。
私自身がここに住み続けることを、まず自分に許可しないとだめだ。

だから今回、自分に言った。
とりあえずはもうしばらく、この街に住んでいいよ。
プリフェクチュールはクソだけど、街が綺麗だからね。
どうしても頭に来てほんとに我慢できなくなったら、そのときまた考えよう。。

私、すでにイギリスもアイルランドも、イミグレの態度のひどさにブチ切れて出て行ってしまった。
どんなに風景が美しくとも・・・あんな侮辱を受けては二度と足を踏み入れる気にならない。。

だからこのヨーロッパで、行き場所の選択肢は狭まる一方だ。
いよいよダメとなったら・・・こんどはポルトガルにでも住もうかしら。。




  

Posted by う at 22:39Comments(0)巴里日記2015-9月

2015年11月24日

9月21日(月)~ 好きなものたちとの暮らし


 

今回つくばの部屋から持ち帰ったものの一部。。

 

***

さいしょこちらへ住んだときはボストンバッグひとつだったから、もちろん色々足りなくて困っていた。
こちらで探しても、どうにもいいデザインのものがなかったり、やたら高かったりして。。
つくばの部屋からあれを持ってきたい、これも持ってきたいっていうものがたくさんあって。
服や、本や、アクセサリーや・・・ 靴や、化粧品や、こまごまとした身の回り品、はては文房具類に至るまで。。

おかげさまで今回、ずいぶん色々と持ってこれた。
リストアップして、カバンに詰め込めるだけ詰め込んで。
おかげで翌日は、肩がたいへんなことになったけれど。。空港からうちまで運んだだけで死ぬかと思った。。

でもね。。
できるだけ身軽にっていうのはあくまで<旅の美学>であって、生活するとなるとまた別だ。
住むならやっぱり、好きなものに囲まれた暮らしがいい。
好きなものって、そこにあって、見ているだけでパワーを与えてくれる。

つくばの部屋では、壁の少しのスペース、窓枠や机の上なんかにいちいち色んな好きなものたち、小物やポストカードなんかが並べてあったり貼ってあったりして、あちこち立ち止まるたびに気持ちがクッ!!とアガル。。
長年のあいだに大量のお気に入りが溜まった挙げ句、しまいこまずにできるだけ生かす策をあれこれ練った末にこうなったのだけれど・・・
こうしたものたちがみんなして全力で私のつくばでの暮らしを支えててくれたのだ。。
そう思ったら、こっちのうちも、ただすっきりキレイにするだけでなく、

“好きなもので飾る”ことの大切さ

を思い起こさせられて。。
外の世界は色々とクソだけど、いやそうであるからこそ、全力で私の暮らしをバックアップしてくれる素敵な部屋を、自分でつくっていかなくては。。
改めてそのことを思ったの。。

***

PCの不具合のため、しばらくお休みします。


  

Posted by う at 19:34Comments(0)巴里日記2015-9月