PR

本広告は、一定期間更新の無いブログにのみ表示されます。
ブログ更新が行われると本広告は非表示となります。

  
Posted by つくばちゃんねるブログ at

2015年10月29日

8月2日(日) リュクサンブールの海馬たち




日曜の朝。買い物の帰り。。

 

ブランチのパエリャ。スーパーのお惣菜、3ユーロ。。

 

リュクサンブールの噴水。この青銅の海馬たちがお気に入り。。

  

リュクサンブールの近くのいい色合いのドアたち。

 

こんな感じで、ふたつは隣り合ってます。。

 

クリュニー美術館。/ サン・ミッシェルの交差点からセーヌ川をのぞむ。

 

帰ってきました~。これで夜の9時くらい。。

***

この日は夜の8時くらいになって、「セーヌの夕日を見たいな」と急に思い立ち、新しい自転車くんと出掛けました。
リュクサンブールの噴水の青銅の馬たち、それからいい感じのドアたち、いつも撮りたいなと思いながら、人や車の流れがなかなか途切れなくて見送ってた。。
よく通る道ってそういうのがたくさんあってね。
ひとつカメラに収められるたびに、小さな約束を果たせた気もちになります。。

けれど、この日のセーヌは・・・何だこれはー?!!!
見渡す限り、あらゆる橋にうわーっと人が鈴なりになって、すさまじい様相。。
まったく夕日どころではありません。。
だれだ、8月のパリはゴーストタウンだなんて言ったのは??
それにまた、西日がきつくて、暑くてね。。
暑さと人ごみの苦手な私は、ただもう一目散に逃げ出すはめに。。

8月のパリはバカンスでみんな田舎へ行ってしまって静かだと聞いていたから、それで8月をこちらで過ごすことにしたのですが。。
じっさいには、減った分を上回る観光客の群れがどっと押し寄せるので、結局いつになっても平和はないです。。
ほんとに綺麗な街なのですがねぇ、それだけが残念。。(どんだけ人間嫌いw)



  

Posted by う at 18:51Comments(0)巴里日記2015-8月

2015年10月30日

8月6日(木) バガテル公園の猫たち


 

朝のミラボー橋から見えるエッフェル塔。/ バガテル公園の南側の門。

 

こっち向いてー!・・・あれ??

 

あっち向いてホイ!・・・ホイ!っと。。

 

キミも、ねえー! こっち目線ください!!

 

・・・おっ、来た!!

 

・・・などなど。。

  

ありがとう~!! また来るね。。

 

池の向こうに見えるのはさいきんできたルイ・ヴィトン記念館みたいなの。

 

ブローニュの森のなか、少しサイクリング。

 

ひと休み。。



帰りにまた通ったエッフェル塔。ビラケム橋より。

***

来る日も来る日もつづく暑さ、それからどこへ行っても逃げられない人ごみにうんざりして、
「あー、まだ人の出ない夜明けくらいに自転車乗りにいきたい、できればどっかしずかな森へ!」って思ってたんですね。
それで、この日は朝から、去年の秋以来のブローニュの森へ。

朝の森はほんとにしずかで、涼しくて寒いくらいで、身も心もリフレッシュする感じでした。
そしてこの日は思いもかけぬ収穫が。。

その頃、花火やかき氷と同じくらい、ネコにも飢えてましてね。
街なかでネコ見ることって、ほぼ皆無です。みんな室内飼いなので。。
で、けっこう前から「あー、ネコつかみたーい! ムギュムギュしたーい!」っていうのが切実にあったのですが。。

なんとブローニュの森の一画、バガテル公園の南門のところで日向ぼっこする彼らに遭遇。
しかも、さいしょ遠巻きに見ていたら、彼らのほうから寄ってきてくれました!!
毛並みも良く、おっとりして、愛されてる感じ。
野良なのだろうけれど、誰かが世話してくれてるんでしょう。。
心ゆくまで、たっぷり遊んでもらってきました。。

帰る頃にはもう日も高く、おまけに南に向かうのでもろに陽を浴びて暑かった。。
さっさと帰るって大事ww



  

Posted by う at 18:08Comments(0)巴里日記2015-8月

2015年10月31日

8月8日(土)1 95番バスに乗って




昔から売ってるすみれキャンデーと、すみれ色のペチュニア。
いちど暑さですっかり枯れてしまったのに復活。。強い。。

 

いつものカルティエ。トマソン、発見。。

 

バルコンにミニチュアの森。。

  

味わい深いドアたちなど。。

 

しずかな朝の通り。。



ここからは95番バスの窓から。
これはモンパルナスの駅前の広場をレンヌ通りへ曲がるところ。

 

レンヌ通り。まっすぐなのでずーっと遠くまで見える。。

 

ルーヴルの中庭へ抜けるアーチと、オペラ座。。



サン・ラザールへ曲がるところ。。

***

この日は夜明けとともに起きて95番バスでパリ市内を縦断し、モンマルトルまで行って、
朝空にうかぶ真っ白なサクレ・クールとそこからの眺めを楽しんできました。
やっぱり朝時間って最高。。
写真、いっぱい撮ったので、何度かに分けてお届け。。



  

Posted by う at 21:55Comments(0)巴里日記2015-8月

2015年11月01日

8月8日(土)2 朝のモンマルトル


 

モンマルトル到着~。。アメリのカフェのあるあたり。。

 

いつもは原宿なみのこの通りも、朝はしずか。。

 

この標識の傾き方ってww

 

あぁ、綺麗なレリーフだね。。

 

ホテルの窓のゼラニウム。。

 

まだ藤が咲いてる。。

 

坂道を登っていきます。。

 

また、いい感じのレリーフ。。

 

おぉ・・・有名な<コンシュラ>が見えてきました。。

 

<コンシュラ>と、テルトル広場へ向かう路地。
いい具合に絵ハガキなショット・・・ふだんは人でごった返していて、とてもこんなの撮れません。。

 

ブーランジェリの店頭には焼きたてのパンが。。

 

テルトル広場。ちゃんと見たの、はじめてかも。。
通ったことはあるけれど、ぎゅうぎゅうの人で、人しか見えなかった。。

  

サクレクールのとなりにひっそりとある教会のなか。。



***

<朝時間>のすばらしさをつくづくと感じるのはこういうところに来たとき。
モンマルトルのテルトル広場、似顔絵描きさんなどがいっぱいストールを出してるところですが、昼間くるとほんとに大変。
とにかく人でいっぱいで、通ることさえ諦めたことも。。
たぶんパリじゅうでいちばん混んでるスポットのひとつではないかしら。
それでも、ここを通ったときは朝の9時前だったと思うのだけれど、広場の向こうからはもう観光客の団体が。。
恐るべし、モンマルトル。。



  

Posted by う at 21:56Comments(0)巴里日記2015-8月

2015年11月02日

8月8日(土)3 朝のモンマルトル、つづき


 
 

斜めから見上げるサクレクール。/ 中の丸天井と、外からパリ市内を一望。。

 

賑わいはじめた横手の通りと、灯台のような給水塔。。

 

メゾン・ド・ローズのある坂道、など。。

 

いい感じの石段、など。。

 

モンマルトルはほんとに坂道ばかり。。

 

ブランシュ広場から見るサクレクール。。

 

味わいある坂道がつづきます。。

 

細道も大通りも、それぞれにいい表情。。

 

カフェも客待ち顔。。

 

こちらは帰りのバスから。右は、レンヌ通りの美しい窓。。

 

しずかなトルビアック通り。。

 

今日もいい感じな街路樹の下。。

 




  

Posted by う at 17:25Comments(0)巴里日記2015-8月

2015年11月03日

8月10日(月) 72番バスに乗って


 

朝の通り、お花模様の壁のアパルトマン。。

 

バス停の角の花屋さん。。

 

バスの窓から・・・ここは62番。。

 

ミラボー。端から少し引っこんだメトロ駅。。

 

72番バスからの眺め。セーヌ越しのコンシェルジュリ。。

 

72番の終点、市庁舎前広場。。

 

橋を渡ってシテ島へ。。

 

橋の上のからの眺め。。

 

秘密の小路。。

 

セーヌ越しの市庁舎と、サン・ルイ側から見るノートルダム。





  

Posted by う at 17:53Comments(0)巴里日記2015-8月

2015年11月04日

8月10日(月)2 サン・ルイの窓辺の花たち


 

朝のサン・ルイ・アン・リル通り。

 

通り沿いの教会の尖塔など。。

 

中世からそのままみたいな一画。。

 

窓辺の花たち、賑やか。。

 

開け放った窓にゼラニウム。。夏だねー。。

 

サン・ルイの裏側を通って左岸へ。。

 

ここからは再び、62番のバスの窓から。。

 

街のいろんな表情が。。

 

何気ない通りのワンショット、いい感じ。。

 

着きました。これで朝の10時半くらい。。
今日も一日が始まります・・・という時間に帰ってくる贅沢。。




  

Posted by う at 17:39Comments(0)巴里日記2015-8月

2015年11月05日

8月11日(火) 裏通りのプチホテル


 

朝ごはんのショソン・オ・ポム。外はまだ夜明けの青。。

 

いつものアレジア通り。。

  

一本裏に、石畳の魅惑的な路地が。。
庶民的なカルティエですが、小さなホテルがあちこちにある。

 

藤のつるが窓のアラベスクと韻を踏んで、一幅の絵に。。鎧戸の淡~いミント色もいい。
右のアパルトマンも、簡素な佇まいながら凝ったレリーフとアラベスクの組み合わせがいい感じ。。

 

窓辺に所狭しと並んだ鉢たち。
なんとなく、藤沢にあったおばあちゃんち界隈を思い出します。。

***

街を歩いてると、ときどき心惹かれる佇まいのホテルがあって、泊ってみたいなと思ったりする。
鉢のゼラニウムが見ごろだったり、入口のランプがいいデザインだったりするととくに。
そういうホテルは、だいたい裏通りにあって、だいたい小さい。
中のようすはどんなだろう、部屋はどんなかな、とかいろいろ想像しながら通る。




  

Posted by う at 17:32Comments(0)巴里日記2015-8月

2015年11月06日

8月11日(火)2 サン・ルイの聖女




この日は自転車で。プラス・ド・イタリー近くの<ルイ・アームストロング広場>。。



オステルリッツ駅近くの高架。。なかなかいいデザイン。。

 

混みあう交差点を抜け、セーヌ岸へ下ります。。



対岸にサン・ルイを望む。。

 

花の鉢をいっぱい積んだ船、楽しく暮らしてる感じがほんとにいい。。
向こうにノートルダムが見えてきました。。

 

サン・ルイの聖女。橋の上から彼方を眺めてます。。

 

この橋のアーチをくぐり・・・方舟のシテ島へ。。

 

しずかな朝のシテ島の小路。。

 

再び左岸へ戻り、セーヌ沿いに西へ。。

 

ポン・ヌフ、そしてルーヴルが見えてきました。。

 

こちらの船も楽しそう・・・右側は、アカデミー・フランセーズ、かな。。

 

左、南京錠がすっかり取り払われて様変わりしてしまったポン・デ・ザール。
右はカルーゼル橋だったかな。。遠くにぽちっとエッフェル塔が見えます。。
曇りの朝の水辺ってほんとに美しい。コントラストの強すぎない、正直な光。。

この日のサイクリング、もうちょっとつづきます。。



  

Posted by う at 17:47Comments(0)巴里日記2015-8月

2015年11月08日

8月11日(火)3 ヴィクトル・ユゴー広場まで


 

マドレーヌ寺院。この日、さらに右岸へ渡り、もう少し西へ。。

 

シャンゼリゼにさしかかります。
グラン・パレやアレクサンドルⅢ世橋、アンヴァリッドなど望む。。

  

近くの公園。そして凱旋門を通り過ぎ・・・

 

ヴィクトル・ユゴー通り。。向こうに噴水が見えてきました。。

 

ヴィクトル・ユゴー広場。

***

この日はほんとはもう少し先のアンリ・キャトル通りまで行きたかった。
前にいちど通ったとき家並がとても美しかったのでね。
そしてブローニュの森を通って帰ってくる予定でした。

けれど、ここまで来たとき、急に熱中症的な症状が!。。苦しい、立っていられない・・・
とりあえず水を飲んで、しばらく休み、・・・その後何とか家まで。。
最短距離で帰ったらトロカデロを通るはめになり・・・その頃にはもうたくさんの人ごみで、参った。。

こういうの、急に来るので非常に困る。それまでまったく問題なく、気持ちよく来てたのに。
この日はわりと長いコースを来たので、その時点で11時くらい?日が高くなってた、そのせいみたい。
日光と日中の暑さが、私、ほんとにほんとにだめらしい。
雪女かっ!! 我ながら情けない・・・ が、これもまた、己を知るということの大切さ。。




  

Posted by う at 20:57Comments(0)巴里日記2015-8月

2015年11月08日

8月12日(水) 朝のトルビアック通り


 

この日は再びバスで。62番のバスを待つ。。

 

トルビアック通りを東へ。向こうから朝日の射すようすがほんとに美しいのです。。

 

しばし朝のバスに揺られている気分でどうぞ~

 

 

62番でビブリオテーク・フランソワ・ミッテランまで。そこからはじめての89番に乗り換えて復路に。。

 

これはオステルリッツ駅付近。。

 

89番ルートもいろいろ面白い。右はリセ・アンリ・キャトルへん。。

 

パンテオンを過ぎ、リュクサンブールへ。。

 

レンヌ通りのカラフルな雑貨屋さん、<プラスティック>。。

 

デュロック、そしてアルリー。。このへんで降ります。。

 

一日が始まるところ。。右のバー、色んな看板がカラフル。。



そして朝ごはん。。

***

この日は前日の教訓ゆえ、7時過ぎに出て、9時半すぎ帰宅。早っww
やっぱり朝時間、サイコー。。
帰り、スーパーで朝ごはんのクロワッサンを買って帰る。
朝スーパーもサイコーだ。ガラガラ、人いない~すっきり♪

いつもとちょっぴりルートを変えてみた帰り道。
時が50年くらい戻って、朝ごはんのクロワッサンを買ってアパルトマンに戻るサガンになったような気がした・・・
8月のパリで<悲しみよこんにちは>を書いていた、18才の夏の。。

けれど、家に帰ってのんびりコーヒー飲みながら思う。
それより何よりこの夏の私、世界じゅうでいちばん幸せなんじゃないかしら。
朝時間、ほんとにサイコー。
ついでに人生ぜんぶ、できれば朝時間みたいに生きていきたい。。




  

Posted by う at 21:26Comments(0)巴里日記2015-8月

2015年11月10日

8月14日(金) 62&89番バスの窓から


 

前回につづき、動画からのカットアウトを中心にお届け。
まずはいつもの62番ルートを東へ。。アレジアの黄色いカフェ。右の壁は、煙突の跡?

 

トルビアック通り、今日は左側の窓から。。

 

ビュット・オ・カイユの教会。

 

ちょっと左手へ折れて、トルビアック通り、つづきます。。

 

・・・そしてこの金ダワシみたいな建物のとこで右に曲がって・・・

  

・・・近代的なビル街のフランス通りへ。

 

89番に乗り換えます。こちらはオステルリッツ駅の駅舎。

 

左、入口だけ見えてるパリ植物園。右のふしぎな建物はモスケ・ド・パリ。大きなイスラム教寺院。。

   

Jussiu のあたり。。

   

クローヴィスの塔、そしてリセ・アンリ・キャトル。。

 

パンテオン。すぐわきを通るので、でかすぎて画角に収めるのがたいへん。。

   

リュクサンブール。バス、すごい勢いで飛ばしてくので、ピントが合わなくて水彩画のようにww



リュクサンブールの裏手、アサス通りへん。。

 

<プラスティック>の角を曲がってレンヌ通りへ。。

 

ぐんぐん飛んでいくレンヌ通りのカフェ、セザンヌの絵みたいw



レンヌ通り。行く手にどーんとモンパルナスタワー。。

 

モンパルナス駅のへん。。

 

セーヴル通り? 右手の向こうに一瞬エッフェル塔が、次にアンヴァリッドのドームが見えます。
ほんとはアンヴァリッドのほうが手前にあるのだけど、通りが交差してる関係で逆に見えるの。

  

ルクルブ通りのへん、かな。。

 

アルリー広場へ。。

 

帰ってきましたー。1時間でぐるっと一周巡るパリ、ただし左岸のみ。。



***

この日は、2日前と全く同じコースを。そして、全ルートカメラを回して撮ってみました。
62番バスはこの日は左手の窓から。そして、89番はパンテオンまで左手、リュクサンブールからは右手に移って。
以前にも書いたけれど、バス撮影っていうのも奥が深くて、凝りだすと止まらなくなるw
実に色んな要素が複雑に絡んでいて。自分で調整できる部分と、運に頼るしかない部分とあって。。
今回、じっくりと切り出し作業をやってみて、あらためて色々。。



  

Posted by う at 20:29Comments(0)巴里日記2015-8月

2015年11月11日

8月16日(日) 日曜日のサクレ・クール




朝7時。まだ電気つけてます。。



いつものバス停へ。。

 

何気なく壁についてる、いつも笑っちゃう謎のレリーフ。。何だろこれ。。



今日は95番で、またモンマルトルへ向かいます。。

 

おだやかな朝のセーヌ。。右はプランタン・オスマン。。

 

モンマルトル到着~。。ここ前回もこんな構図で撮ったかも。。

 

同じ道を通ると、やっぱり同じ場所を撮りたくなる。。

 

美しいものは、やっぱり美しいから。。

 

再び、<コンシュラ>。。

 

そしてテルトル広場へ。朝の8時半くらい、もう人が出ています。。

 

白亜のサクレクール、青空に映えて、見てるだけで心が洗われるよう。。

 

階段を少し降りて、正面から。。

 
 
市内全景。。このスカーッと広い空を、時々見たくなる。。

 

朝もやに包まれた街並。

 

屋根の連なりもリズミカルで絵になります。。

 

周辺をしばし散策。。

  

そこここに楽しいディテールが。。

 

朝日をあびたテルトル広場のカフェ。。ひと気のない贅沢なひととき。。

 

個性的な家並のしずかなヴィラ、そしてデリダ広場。。

 

1,2時間ゆっくり歩いて、再びバスで帰路へ。。

 

いつもの帰り道。。




***

何となく日曜日になるとモンマルトルへ行きたくなる。
週末は、みんな朝寝てる率が高いから、それだけ街が静かなのでねw。。
サクレクールに着いて空がパァン!と晴れ上がってるとうれしい。心もスコーンと晴れわたるよう。。
この街にはやっぱり青空が似合う。。




  

Posted by う at 23:05Comments(0)巴里日記2015-8月

2015年11月12日

8月17日(月) オデオン界隈、など


  

近所のルクレール通り。今日は曇り。。

 

ダンフェール・ロシュロー通り。

 

リュクサンブール南端の噴水。水の動きが激しいせいかいつもぶれてしまうみたい。。

  

路地の向こうにちらっと見えるパンテオン。。

 

パンテオン、前方から。後ろ、ちょっと工事中。。

 

オデオンの歴史あるパサージュ。

 

この界隈、来たのはじめて。。

  

石畳の古いパサージュ、いい感じです。ちょっと暗いけど。。 

  

バカンス中で閉まってる店も多いせいか、しずか。。

 

パサージュを抜けた向こう側もはじめて。。

  

いい感じの路地があちこちに。。

 

セーヌへ出てきました。。

 

サン・ルイの岸から。。

 

右岸へ。ブキニストもバカンス中~。。

 

パリ・プラージュの名残のあと。。

***

この日は再び自転車で、前から探検してみたかったオデオン界隈へ。。
大通りから入ったところに、魅惑的な路地がいろいろ入り組んでいていい感じ。
また散策しにこよう。。

セーヌを超えて、ベルシーのほうまで行くつもりだったのだけれど、サン・ルイを出たあたりでまた・・・急に息ができなくなり、バタン。。
気がつけばどんより曇り空だったのが、いつのまにか日が射してる。
夏の日差し、ほんとにやっぱりダメらしい。
雪女、観念してまたベンチで安静、のちまっすぐ帰る。。




  

Posted by う at 21:12Comments(0)巴里日記2015-8月

2015年11月13日

8月19日(水) サント・クロチルド・うさみみ教会


 

モンパルナス墓地の東側の細道。。

 

ラスパイユ通り。。

 

おだやかなセーヌを渡り・・・

 

右岸、パサージュ・ショワゼル。。



再び左岸へ、サンジェルマン大通りを南下。。

  

通りから外れてひっそりと佇むサント・クロチルド教会。。



***

本で見たきれいなうさ耳型ツインタワーのこの教会に、いちど行ってみたいと思ってましてね。
音楽家のフランクに、ゆかりがあるもよう。。
意識を向けてると現れるもので、数日前このへんを通ったときも、街並からこの2本のうさ耳がピョンと出ていて、「あ、あすこか!」って。。
この日はじめて訪れたこの教会、前のお庭も地元の人しか来ない感じで、のどか。。

しかしながらこの街のベンチって、あまりゆっくりできません。
ひと休みしようと思って腰を下ろすと必ず誰かが隣に座りにきて、それがほぼ必ず男で、ほぼ必ずごちゃごちゃ話しかけてくる。
この日もそれでさっさと逃げ出し、駅の近くの別の小さな広場へ。。

で、そこのベンチであらためてひと休み、と思って腰を下ろしたとたん、また別の誰か来た!
話しかけてくる奴、もう気配で分かるようになります。
ほっといてくれよもう。。
仕方ないから、諦めて帰りましたわ。。めんどくさっ。。



  

Posted by う at 21:02Comments(0)巴里日記2015-8月

2015年11月14日

8月20日(木) 再び95番バス、窓からの景色




再びバスの窓から。モンパルナス駅。。

 

いつものレンヌ通り。

 

レンヌ通り、ずーっと北上。。

 

復路、コメディー・フランセーズ前。。と、ルーヴルの中庭。。

 

日射しを浴びたセーヌを渡って。。

 

再びレンヌ通り。。

  

浮かび上がる文字は、バスの窓に印刷されてるもの。なかなか味があります。。

 

いい感じの街角、いい感じのアングルで。。

 

お店の立ち並ぶレンヌ通り。。

 

モンパルナス・タワーと駅前ロータリー。。



***

この日はオペラ地区に用事があって、いつものバスで。
バスの窓からいい写真が撮れるかどうかは、たぶんにバスの運転手さんの性格によるところ多し。。
停留所と停留所のあいだ、やたらとぶっ飛ばす人もいてね。それだとなかなか。
今日の運転手さんは温厚な方だったようで、おかげでちょっといいショット撮れました。。天気も良かったし。。

ところで、昨日のテロでご心配いただいた方々、ありがとうございました。
おかげさまで私は大丈夫です。。



  

Posted by う at 23:41Comments(1)巴里日記2015-8月

2015年11月15日

8月22日(土) 再びブローニュの森へ・・・




コンヴェンション通りを西へ。
途中、右手にちっちゃくエッフェル塔が見える道があるのです。
白飛びしていて分かりづらいけれど、右の写真、うっすら分かる??



凝った花綱のレリーフ。。

 

朝のミラボー橋から。。



ブローニュの競馬場のそばにある植物園。まだ開園してなかった。。

 

久しぶりのブローニュの森。みどりゆたか~

 

まぁ、きちんと手入れされた感は否めませんが。。

 

やっぱり心洗われるのです。。



広大な森の中にはいろんな施設や庭園があり。。

 

ネコのいるバガテル公園もその一画。。

 

今日も遊んでもらいました~。。

 

アンリ・キャトル通りの美しい家並。。

 

あいにく日の向きがちょっと。。。

 

トロカデロ横のコスタリカ広場から、二階建てのビラケム橋へ。。

 

高架で通りを超え・・

 

セーヌを渡ります。。

 

橋の中ほどからのびる<白鳥の小道>。。

 

・・・グレネル橋まで。。

 

左岸へ戻りました。エミール・ゾラ通りかいわい。。

 

あとはおうちでのんびり。。




***

夏のあいだにもう一回森のみどりを楽しもうと、ふたたびブローニュの森へ。。
はじめて南側から行った先回はさんざん迷いましたが、今回は少しスムーズに。

バガテル公園前の猫たちとまた遊んでもらっていたら、車でえさをやりに来たマダムが。
猫たち、車の音を聞き分けてすっ飛んで行きます。。
「毎日来てるんですか?」と聞いてみると、
「私は週末だけ。でも誰かしら毎日来てるわ」とのこと。
公園全体で150匹くらいいるんだそうです。

掃除夫の人が通りかかって、マダムにエサをやるなと文句を言ってました。
「放っておけないでしょ!」と言い返していました。

日々、いろいろと拮抗してるなかで、彼らも何とか生活してるんだねー。
のどかな顔してる彼らの内情もちょっと垣間見えた気が。。




  

Posted by う at 23:54Comments(0)巴里日記2015-8月

2015年11月16日

8月25日(火) アルジェントゥイユ通りの保険屋さん


 

アルジェントゥイユ通りの保険屋さん Safeone Assurance のパンフのイラスト。店主のクリストフ・シロンさんの手になるもの。
左:健康保険 右:自動車保険 もちろん左ハンドルw

 

左:ビジネス保険 右:スポーツ保険 ちっちゃな手が何ともかわいい。。

 

左:住宅保険 右:年金 ・・・パリでこんなに素敵な一軒家に住んでる人はそうそういまい。。




8月の終わりから少し日本へ戻る予定があり、ここ数日、いろいろ準備にかかっていました。
この日はオペラの保険屋さんへ、旅行保険に入りに。。
しかし、日本へ帰るのに旅行保険てw しかも日本で入るのとはだいぶシステムが違ってびっくり。。

ここの保険屋さん、とても親切な方で、私は健康保険も住宅保険もすべてここです。
保険の条項とかって日本語で聞いても複雑なものですが、この方の場合、紙に数字を書いたりしながら心を尽くして丁寧に説明してくださるので、フランス語でもけっこう大丈夫なのです。

日本びいきのムッシューで、昔飼っていたハムスターの名前が<チビ>というそうです。
で、このハムスターのチビ氏のイラストが、保険のパンフレット各種に載って味を出しています。
なんと、ムッシューご自身の手がけたものだそう。

ほかにも、ノルマンディーに小さな別荘をもっていて、日曜大工で手をかけていたり。
この人、本業はアーティストなんだなって思います。ほんとはアートに生きたい人なんでしょうね。
保険代理店、めっちゃ忙しそうだけれど。。




  

Posted by う at 15:30Comments(0)巴里日記2015-8月

2015年11月17日

8月27日(木) 久しぶりのつくば♪




シャルドゴールは雨模様。/真夜中の飛行。なんにも見えません。。w



再び、翼の下に雲海が。。

 

今回買っていったおみやげなど。
右の凝った綺麗なパッケージはチョコレート。ほんとはこの柄でマグネットがほしかったのだけど。。。

 

<ベースメント>のジンリッキーと、サン・ルイのガラス小物やさんで買ったカエル。

***

この日から3週間ほど一時帰国です。
どうもこちらですっかり落ち着いてしまっていて、めんどくさいなーという気持ちが強かったのですが・・・色々向こうでやらなくてはならないこともあって、少し前から腰を上げて、色々準備にかかっていました。

当日は、朝からまさかのバケツをひっくり返したようなどしゃ降り。
メテオを見たら、雨100%って・・・こんな天気予報はじめて見たw 最寄りのメトロまでが、いちばんしんどかったかも。。

ただ持っていくものといっては身の回り品のほか、ノートパソコンとおみやげくらいなもので、今回は機内手荷物のみ! 楽ちん。。
成田で1時間電車を待ち、駅でまた1時間バスを待って、無事、自力でつくばの家まで辿り着きました。。

夜には天久保のバー<ベースメント>へ。
居心地がよくて大好きなお店です。お酒もお料理も絶品。。
なんでカウンターにカエル君がいるかっていうと、マスターへのおみやげなのです。カエル好きな方なのでね。。

こちらへ戻るにあたって、暑いの、覚悟していたのだけれど、今回の滞在中は例外的にずっと低温つづき。
水害もあったりして大変なことに。。
しかし、雪女的にはこの涼しさがほんとにありがたかった!
暑いとほんっと命にかかわりますので。。

今回はあまり写真を撮らなかったのですが、いろいろと思うところもありました。。
で、数日分ずつぼちぼちと上げていきたいと思います。。




  

Posted by う at 15:15Comments(0)巴里日記2015-8月

2015年11月18日

8月29日(金) つくばの部屋に思ったこと・・・


 

お気に入りのコーナー。
滞在中のあいだだけでも楽しみたいと思って、ミニばらの鉢を買ってきた。。

つくばの部屋、今回は写真これしか撮らなかったのだけれど、だいたいこんな感じ。1年前ですがいなかったので変わってません。。

つくばの部屋、モノがいっぱいあるから、こちらのほとんどスカスカの部屋に住んだあとではずいぶん息詰まるような感じがするのではないか、と思っていた。
それが、一歩足を踏み入れたとたん、うわぁ、ステキな部屋だな、って。。

広い!! 床にモノがなくて、すっきりキレイ。
(当社比ねww いまのパリの部屋がいかに狭いかってことです。。)
モノはいっぱいあっても、いちおうの片づけ祭りを終えて、基本ぜんぶ収納されて目に触れないし、外に出ているのはトキメキ系の飾りものだけ。
それに、大量の白ペンキを費やして、ほとんどすべての調度を白に統一したり。。
何年もかけて、自分にとって居心地いいよう、少しずつ整えてきたのだし。
そうしてさらに発つ日の朝まで、ひたすら片づけていたわけなのだ。
だから実質、いまのこの部屋の状態は、ずーっと住んでいた私がいまだ住人として体験したことのない、史上最強トキメキレベルなのだ。

戸棚やクロゼットを開けるたび、へぇ、こんなのあったんだ、こんなのも持ってたんだ・・・って、面白い。
持ってたことを忘れてたモノもたくさんあり。やっぱり歴史が違うわ~。。
好きなモノに囲まれて暮らすって幸せ~、と改めて実感。。
モノが多くとも、ぜんぶ好きなモノたちなら問題なし! なのだ。。

いまのパリの部屋も、けっこう居心地よく整えてきたつもりだった。
けれど、つくばのこの部屋には及ばない。
たしかにいろいろと制約はあって、とにかく狭いし、自分で変えられない部分も多い。
でも、このレベルを目指すためにもう少し考えよう!
ということで、帰ってからまた、居心地レベル向上プロジェクトを少しずつ進めることに。。
そのもようもおいおい。。




  

Posted by う at 15:27Comments(0)巴里日記2015-8月