2011年12月31日

七転び八起き

17日の<湖底の都>公演のフルバージョン(35分くらい)を、ユーチューブにアップしようとしてる。
きのうの晩から、11時間くらいかけて92%くらいまで来たところで、「予期しないエラーが発生しました この問題はユーチューブ側の問題である可能性があります もう一度アップロードし直してください」
・・・
「もう一度やり直してください」って気易く言うなっ!!!
っていうか、何で92%まで来たところでエラーなんだよっ!!!
エラーならさいしょから言え!!!

気を取り直して、もう一度。
腫れ物を触るように、ほかのソフトを開くのも遠慮して、何も作業ができない。
さっきまでやはり11時間くらいかけて87%くらいまで来たところで「予期しないエラーが・・・」
・・・
いい加減に・・・

・・・はぁ・・・
・・・疲れた・・・

ケーブルテレビの回線なのがいけないのか。
それともユーチューブのページに書いてあったように、ブラウザとかの問題?

まぁいいや。
私の気持ちが立ち直るまでしばらく放っとくことにする。

自分の力でどうにもならないことは凹むけど、どうにかできることはやる。
今日はベランダの間仕切りを直した。

もともと自分で板買ってきて、切ってつくったのよ。
震災のときに一回倒れて、縦木と横板を釘で打ち合わせてあっただけだったのでばらばらに壊れてしまった。
ので、夏くらいに上側の横木をドリルで穴開けて全部分ボルトで締めて、取りつけ直した。

そのあと9月に台風のときまた倒れて、ボルトで締めてなかった下側の横木がまたばらばらになった。
ドリルで穴開けるのがすごく大変で懲りてたので、しばらく立てただけで放っておいたら、すぐまた強風で倒れた。
間仕切りがちゃんとしてないと、プライバシーが保てなくて気が抜けない。

それをやっと今日直した。
はずれた釘は、打ち直せなかったのでぜんぶ引っこ抜いた。

ドリルの穴開け方、やっとコツがつかめたみたい。
まっすぐ力入れてやるんじゃなく、円を描くようにぐるぐる回しながら打ちこむといい。
そのほうが力入れずに開くし、穴が大きくなってボルトも入れやすくなる。

それにしても、南向きのベランダってほんといやだな。
何をするにもいちいち顔が焼けるのをふせぐために後ろ向きになってやらないといけない。
それだけのために山ほどよけいなエネルギーを使う。
いま職場の窓が北向きなんだけど、すごく快適。
こんど住む場所を選べるなら北向きの窓にしよう。

それはさておき・・・
何でもそうだけど、諦めずに取り組んでくうちにコツがつかめて、あまり大変じゃなくなってくるようだ。
ユーチューブは今でも死ぬほど大変。
でも、諦めてたまるか!!!
  

Posted by 中島迂生 at 22:46Comments(2)第4作 湖底の都 備忘

2011年12月25日

湖底の都 初演備忘Ⅲ

●ダンスなど

まぁ、結論から言うと、あんなものかな。
基本、だいたい自分の踊るところは各自が振り付けしてた感じで、各自ができるところをできる限りにやったらああなりました、みたいな。

曲と同じに、とくにさいごの踊りでは、優雅なだけじゃない、パンチの効いた、力強い感じを取り入れたかった。

今回個人的にいちばん頑張ってくださったのはロンデナント王子かな。
毎日、娘さんを相手に練習されたそう。
そのかいあって、本番もばっちり。
役柄を踏まえて、独自のタカラヅカ的演出を加えてくださったのもよかった。

魚ナンバーワン嬢が、みんなで踊るさいごのダンスの振り付けを考えてユーチューブに上げてくださったのだけど、みんながみんな覚えられたわけではなかった。
2年前のエインガスのときに、やっぱりユーチューブで振付を覚えてもらったのだけど、ネット環境がなくて、かなりの手間をかけて近所の図書館でネットを見られるような手配をしてあげた団員さんがいるのね。
そしたら、今回は自転車が壊れたから図書館まで行けないって。・・・
それ聞いたときはどどーんと無力感に打ちひしがれて、「馬を水辺まで引っぱって行くことはできるが・・・」っていうことわざを思い出したりしてしまった。
まぁ、あたしがもう少し汲んであげるべきだったのだけど、要するにあんまり踊りたくなかったのだ、その人は。
そういうことなら、仕方ない。
やりたくないことを無理にやっても、あんまりいいものはできないからね。
そんなわけで4人になってしまったけど、まぁ、結果的にはけっこうまとまったかな。

●照明

今回は、全体ライト+中央奥と上手手前にスポット、それにアッパーの緑ホリゾント。
結果として魚ナンバーワン嬢に一任してお願いすることになり、さすが舞台経験者、りっぱに果たしてくださった。
早着替えも何度もあるなか、ものすごく忙しいことになってしまい申し訳ない。

みんなで踊るさいごのダンスのところでは、ひとりだけ踊らない団員さんに照明をお願いしようと思ってたのだけど、それもやらないというのでほんとに困ってしまった。
そこで何とかやりくりできるように少し演出を変えてDVD自体を、音源編集のプロジェクトファイルまで遡って手直しするはめに。

●包括的考察

よくネットのコラムで、「いかにいい仕事の仕方をするか」みたいな話で、「全体の80%の力を使うこと」とか「30%の余力を残しておくこと」とかあるけど、要するに同じことだよね。
いっぱいいっぱいじゃなくて、常に少し余裕を残しておくようにすること。
時間的、精神的、人員的に。
それってほんとに難しいけど、ほんとに大切。

公演が迫って加速度的に忙しくなってくるときに限って、何でこのタイミングでっていうような機器トラブルだとか、劇団とは関係ないごたごただとかが色々とよく持ちあがる。
そういうものにうまく対処できるように、余力を残しておかないと。
先日書いた、急にPCのオーディオが聞こえなくなるトラブル。
前日には、PCを立ち上げた途端に、購入以来はじめての「バッテリを識別できません!」ウォーニングが現れて慌てた。結果的には、ただバッテリが切れたというだけで、コンセントにつなげばふつうに使えたのだけど。
以前、パトリックフェスのやっぱり前夜くらいに、突然ネットがつながらなくなるトラブルが持ち上がったこともある。
あと、1週間前になって急に演出の構想が豊かにふくらんでしまい、ひとりで突っ走る習性のある団員さんなどもいて、なかなか平静を保つのがたいへん。

まあ、それでも、6月の末にスタートを切ってから6ヶ月弱。
新しい試みや挑戦がたくさんあって、時間もあまりなかったわりには、けっこう余裕をもってのぞめたほうじゃないかと思う。
公演の前日に、一日仕事のお休みをもらったのも大きかった。
休み取らなくても何とかなったとは思うのだけど、取れたおかげでいろいろこまかいところの仕上げができてよかった。
もちろん、初演の前にやろうと思ったことの全部をやれることなんてありえなくて、3つのうち2つをやれるとしたらどれとどれ? みたいな感じにはなるのだけど。
理解ある職場にほんと感謝。

●公演後にやること

・各方面にお礼メールを打つ。
・ブログに記事を上げる。
・動画をまとめてユーチューブに。
・この備忘録を記す。
・後片づけ

そんなこんなで、ひととおり片付くまでに最短1週間はかかる。
本番の映像は今回人様に撮っていただいて、現時点でまだ届いてなくて、とりあえず自分の固定ビデオで撮ったリハのもようをダイジェストにして上げてある。
ダイジェストにする編集作業は相変わらず時間食うのだけど、wmvじゃなくてNTSCでレンダーしたらずいぶん楽になった気分。
ユーチューブへのアップロード、PCを放っておくと失敗しがちなのは、電源設定のせいではないかと思い至り、コントロールパネルを開いて設定を変えてみた。
結果、寝ているあいだにアップロード成功。

さて、あと後片づけが終わったら、今後の方向性を検討する作業に入らなくては。
  

Posted by 中島迂生 at 17:54Comments(2)第4作 湖底の都 備忘

2011年12月25日

湖底の都 初演備忘Ⅱ

●音楽/音源
 
・テーマ曲
冒頭部でテーマ曲を、ギターの伴奏でみんなで合唱、この部分は吹きこみ音源なし。
これは今回新しい要素のひとつ。
せっかくぜんぶ自分で書いてるのだしほかではいつもライヴやってるのだから、ライヴの要素も取り入れたいと思ってようやく実現できた。
けど、今回のお客さんは音楽にはあんまり興味なかったのかな。
セリフが音源込みだったことは色んな人が批判してたけど、曲については誰も一言も言ってなかった。
ふさわしいお客さんを開拓していかないとね。

テーマ曲はありふれたコード構成だけど、シンプルで悪くない。
苦労してたくさんのトラックを重ねて、音源も味のある仕上がりになってる。
ボーカル+ギターの元トラックに、コーラスを3トラックほど、ギターのストロークを別に1トラック、プラス、シンセのストリングスとコーラスを1トラックずつ重ねてる。

深緑だね、曲調が。Eが目立ってるから。
Eって深緑じゃない?

これまで、<エインガス>と<石垣>のテーマ曲がアコでブンチャッチャみたいなのだったから、今回はもうちょっと普通に聴ける感じに、自分がふだんライヴでやってるロックやポップスに近い感じにしようと思って。
今までよりもっと力強さが、パンチの効いた感じがほしいなと思って、そんな感じにした。
それと、今までがんばって日本語で書いてきたのだけど、やっぱ詞は英語のほうが書きやすい。

・ミーズとロンデナントの別れのダンスの曲
今回、気に入ってる曲のひとつ。
場面にとても合っていて聴きやすいのだけど、実はふしぎな拍子の曲で、Aメロが基本4分の3なのだけど、ところどころ変なところで伸びてるし、Bメロは8分の6なのかな? しかも、AメロとBメロを同じテンポで弾くと明らかに変なので、それぞれでテンポを変えてるのだ。
あぁ、こういう面白い曲が降ってくるようになったんだなと思ってうれしかった。

さいしょはシンセのチェロの音で入れたのだけど、音源を人に聴いてもらったら、一発で「シンセの音だね」と言われてしまい、・・・やっぱりちゃちだからやめようと思って、エレピで、パイプオルガンの音で入れ直した。
エレピだとチェロの音がなくて、あったなかでいちばんイメージに合っていたのがパイプオルガンの音だったのだ。
ほんとは、あの時代にはまだパイプオルガンなかったはずなんだけど。

・鳥のさえずり
これだけ全部オリジナルでがんばってるのに、ネットで探してくるっていうのも芸がないなと思って、ほんとはロビンかブラックバードの声を吹き込みに、ちょっとイギリスあたりまで行こうかと思ったのだけど、なかなかそうもいかず。
発想を換えて、シンセのフルートの音で、BGMのひとつの冒頭部分のバリエーションを。
時間がなかったので直接シンセからパソコンにつないで、その場で弾いて入れた。
だから弾いてるときは自分の音が聞こえない状態だった。

・その他
曲はシンプルなほうがいいけど、凡庸ではダメね。
今回は、ほかは凡庸なのが多かった。
ミーズとロンデナントのさいしょのダンスの曲など、シーンには合ってると思うけど、何の目新しさもなく。
BGMに使ったギターインストも、Bメロで転調するのでレコーディングがえらく大変だったんだけど、おおかたあんまり耳にひっかからないよね。
風景画の映像のときに使ったピアノ曲は、あれはさいしょにダーッと降ってきた10曲くらいのなかに合うようなのがなかったので、わりと直前になって急遽書いた。
ダンス曲のほうと似てて、よく間違えてこっちで踊ってしまったりしてた。
あんなに美しい風景には、もっといい曲があるはずだと思うのだけど・・・
いいのが降ってきたら足すかも。

●ナレーション、セリフなど

音源込みだったことや、セリフを同じ人がぜんぶしゃべってたこと、ノイズが入ってたことなどに批判が多かった。
これについては、こういう事情があったんだよ・・・と弁明したい気もちと、・・・あたしが思うことはやっぱりほかの人たちも思うんだなぁ、で、人が聴いていいと思わなかったらそれまでだよなぁ、と思う気もちと、複雑。
これについては、あまり詳しく書くと愚痴になるのでやめる。
今後の課題としてちょっと考える。

ひとつ言うとすれば、セリフをしゃべるのは、別にいいんだわ。
あたし以外はみんな、ふつうに覚えて喋れる人たちだし、あとはあたしが頑張ればすむ話だから。
けど、ナレーションとかBGMの頭出しを、誰がやるのよ? という問題。

●映像/機器関係

映像を取り入れたのが、今回最大の新しい要素。
背景にプロジェクタで絵を映すのは、もう旗揚げのときからずっとやりたかったことなので、大きく一歩可能性が開けた。
ただ、方法論を考えたり、編集作業とか、DVD作成とか、現場では思わぬトラブルが次々起こるし、ほんと大変だったけど。

コロフィンの絵をあらたに8枚ばかり、色塗るの大変だったな。前も書いたけど。
気合いを入れてかからないと終わらないと思って、1週間くらいの突貫工事で終わらせた。
線画だけならまだいいんだけど、色を塗るのは昔から、めんどくさくてあまり好きじゃない。
塗り絵って信じられない。
自分の絵さえ、色塗るのめんどくさいのに、なんで他人の絵に色塗んなきゃいけないのって思うよ。

編集に使ったのは、ビデオスタジオvol3。
多機能だけどなかなかクセが強くてやっかい。マニュアルがものすごく長くて、やりたいことのやり方を見つけ出すのが大変。

よく使った機能は、フィルタでズーム&パン。
最終的にどの部分へ、どのくらいの大きさでどれくらいの時間をかけてズームするか、カスタムできるのね。
ところが、それをやると指定してないのに勝手に左右にパンもしてしまって、パン機能のチェックを外すと、カスタムした内容もゼロにされてしまう。
あれ、ひどいよな。
とりあえず勝手にパンされるのには納得できなかったので、部分指定のカスタムはあきらめた。
そうすると自動的に、まっすぐど真ん中へズームしていくことになる。

あと納得できなかったのが、縦長の画像をズームしていくと、表示できる横幅もだんだん広くなっていってしかるべきだと思うのに、ならないんだわ。
表示される横幅は同じままで、ただその狭いなかでズームされていくだけなの。
そこで、フォトショで画像の上下を切り落として3分の2バージョン、3分の1バージョンなど別につくって、グラデーションで表示して、横幅がだんだん広くなっていくように見えるように工夫した。
自然につながって見えるように、各クリップのズームぐあいも調節して。
縦長の画像はいくつかあったので、ずいぶん手間がかかった。

そうそう、そしてそれをやってるとき、急にJpeg画像をビデオスタジオに読みこめないという怪奇現象が発生。
論理的にそんなわけないんだが、そういうことがたまに起こる。
治ったあとも、何でそれが治ったのか、何が原因で起きたのか分からないのだ。

映像が入らない、音だけのところは、音だけのファイルでよかろうと思ってたのだけど、音だけのファイルをDVDに入れるということはできないらしくて、結局ぜんぶ映像ファイルにした。
とりあえず画面クリップを入れないと映像ファイルにならなくて、でもうしろで音クリップがはみ出るのはいいらしい。
そこで、ほんとに音だけのファイルは最初の1秒くらいカラーパレットの黒をクリップで入れて。
ファイルのうしろのほうで画像が出てくるという場合はそこまでの音だけの部分、真っ黒い画面をえんえん入れて作成。
音源編集でいうとサイレンスを入れるべきところに、映像編集では黒画面クリップを入れてる感じね。
映像ファイルにするとムダにサイズがでかくなる。

ブラックイン/アウトするにはどうしたらいいのかという研究も。
直接そういう機能はなくて、トランジションのクロスフェードを応用して、黒画面クリップと使う画像クリップとでクロスフェードさせてつくる。

そんなふうにして、もともと7つの音ファイルから成ってた音源に画像を加え、7つのプロジェクトファイルを作成。
で、これをじっさいどうやってスクリーンに映すかという方法論。
さいしょいつものようにwmvに、今回はハイビジョンのサイズでレンダーしてみた。
ところが、できない。
何度やっても、「失敗しました、すいません」みたいな表示が出て、ビデオスタジオ自体が閉じてしまう。
そこで、現場に行ってホールの担当の人に相談した。
そしたら、DVDにまとめて、DVDプレイヤをプロジェクタにつなげてやるのがいちばんよかろうという結論に。

それまでは基本、プロジェクトファイルからwmvにしてたんだけど、自分のパソコンでwmpで再生しようとしても、なぜだか画面が固まってしまって、再生できないのだ。
デスクトップにいろいろアイコン出し過ぎというのもあるらしいけど。
いずれにせよ、パソコンはなにかとunreliableすぎるので本番には使いません。
それにしても、形式はwmvでいいのかしら・・・以前にwmvでDVDをつくったら、気の遠くなるほど時間かかった記憶があるのだけど。
そう相談したら、ソフトで<DVD作成>メニューを開いて、出てくる形式でやってみたら? と。
それがNTSC? とかなんかそんな名前の形式で。結局mpegになる。
うち帰ってやってみたら、wmvにするより、レンダリングにはるかに時間がかからなかった。
今までの苦労はなんだったんだ? という感じでちょっと拍子抜け。

ところが、それからじっさいDVDにするまでが大変なことになった。
ビデオスタジオvol3でDVDをつくろうとすると<ビデオライター2010>というのが立ち上がるのだが、これがムジナのように正体不明で、さっぱり分からん。
あちこちクリックしてみても、ダブルクリックしてみても、全く何も開かん。歯が立たん。

困って人に訊いてみると、・・・あー、あれはみんな苦労するんですよ。と。
12だと分かりやすかったんだけど。4になるとまたそれに戻ったんだけどね。
・・・んなこと言われても。

12が入っていたので開けてみたら、体験版でもう使えなかった。あんまり覚えないんだけど。
結局、4の体験版をダウンロードして使うことに。
それが何だかんだといろいろごちゃごちゃあって、600MBもある。
で、何だかんだと時間がかかる。
もういいよーと思っても、次から次へと色々実行したり構成したりいつまでもやってる。
あげくの果ては、体験版なのに個人情報を書かされた。
で、すでにアカウントをお持ちです。パスワードを入れてください。
・・・んなの覚えていません。
ではこちらのURLからリセットしてください。

DVD1枚つくるのに、えーっ?! ほんとにここまでめんどくさいんですか。
なんかヒマラヤの山ひとつ超えるほうが楽そうな気がしてきた。

やっとインストールが終わってやってみると、たしかにこれなら分かりやすい。
30分のコンテンツ、DVDに焼くのに10分くらい。時間もリーズナブルだ。
けど、焼き終えたあと「プロジェクトを保存しています」というのの、水色のタスクバーがえんえん出て、いつまでも閉じることも、パソコンを終了することすらできず、やっかい至極。
あげく、保存されたプロジェクトファイルというのをあとで見てみたら、コンテンツのさいしょの1秒くらいが入っただけの、何の意味もないファイルだった。
・・・何だこりゃ。

できあがったDVDを見てみる。
<メニューを作成>というところのチェックを外しておかなかったら、勝手にできあいの目次ページができていて、なんかジャズの音楽まで入ってる。
メニューってそういうことだったのか! じゃあ、あっちゃだめだ。
で、次に焼いたバージョンからはメニューを外した。
そしたら、それはそれで問題が。
7ファイルの各区切れ目を、チャプターとして認識してくれないらしくて、頭出しできないのだ。
途中に行きたい場合は、いちいちさいしょから、ファイル1のさいごまで32倍速で再生して、そのあとファイル2にいくとまた元の早さに戻るから、また32倍速にして・・・というふうにしないといけない。
それに加えて、さいしょとさいごで止まっていてくれなくて、再生するといきなり始まってしまうし、さいごまで行くと自動的にさいしょに戻ってまた始まってしまう。

この現象は、ホールのDVDプレイヤでも変わらなかった。
そこで、さいしょは、再生して次の瞬間に一時停止した状態にしておいて始め、さいごは岡田さんに頼んでおいて、おわったタイミングでまた一時停止してもらうことに。

ほかにも、さいしょなぜか画像がモノクロで出たり、ファイル1がリピートされてしまったり、原因不明のやっかいな現象が。
でも、いちばんあっちゃーと思ったのは。
一時停止して5分すると<パイオニア>という文字が出てしまうので、みんなで注意して5分たつ前にまた一時停止し直していたはずなんだけど、あとで本番の舞台の映像を見たらしっかりスクリーンに<パイオニア>の文字が。
あれは何でだったんかなー。いまだにナゾだ。

逆に思いがけないいいこともあって、それは、映像が出るところと出ないところの切り替えをやらなくてすんだこと。
映像が出ないところでは、人が舞台に立つとプロジェクタの光を浴びてしまうから、タイミングをはかってリモコンでミュートしたりまた復活させたり、をしなくてはいけないと思って、踊りながらリモコン操作する練習とかしてた。
けれど、映像が出ないところの黒画面では光があまり出ないし、リモコンでミュートしてもそれが反映されるのに10秒くらいかかって、しかも目で見て分かりにくいのだ。
そのことがリハのときはじめて分かって、かなり慌てた。
で、これはちょっと危ないなと思って、もういっさいミュートなしで行くことにした。
おかげですいぶん手間が省けて、しかも危ない橋を渡らずにすんだ。
ほんとにこういうもろもろのことって、現場に立ってみないと分からない。

とにかくよく分かったのは、こういう機器を使うとぐっと可能性が広がる半面、実にバラエティ豊かなさまざまなごたごたが持ち上がるもんだということ。
それを覚悟のうえで使わないと。

絵を映像として、スライドショー形式で見せるのは全然ありだと思う。
こういうかたちの一種の個展というふうに考えてもいい。
前にテレビで、ジョン・エヴァレット・ミレーの<オフィーリア>をじっくりズームして見せてくれたことがあって、感動した。

でも、今回のコロフィンは写真を撮ってなかったから絵になっただけで、もともとがほんとに美しいところだから写真があれば写真でも全然OK。
それより、できれば現地で映像を撮って使いたい。
というのは、アイルランドのとくに空は、その動きに、流動性に魂がある。
瞬間を切り取るより、あのダイナミックな雲の動きを、虹のきらめきをそのままスクリーンに流したい。

あと、今後の課題として、湖底の緑色のシーンでは、色だけじゃなくて水のゆらゆら揺れる感じや、泡や水草の感じを表現したい。
晴れた日にプールの表面に反射して見えるような、揺れ動く光の模様を。
それは、映像で表現したほうがいいのか、それとも照明で表現したほうがいいのか、そこは研究してかなきゃ。

ただね、映像に重きをおくほど、ライヴの要素、生の演技の比重が少なくなって、これは課題。
両方の要素が自然に調和して、豊かに増幅するような舞台をつくりたいんだけどね。
(つづく)
  

Posted by 中島迂生 at 17:51Comments(1)第4作 湖底の都 備忘