PR

本広告は、一定期間更新の無いブログにのみ表示されます。
ブログ更新が行われると本広告は非表示となります。

  
Posted by つくばちゃんねるブログ at

2016年11月12日

地元民のお気に入り。秋草に染まる散歩道




ここのカルティエに移り住んだのは去年の5月くらいですが、
この小さな路地は今年の夏になってはじめて見つけました。

自転車を修理に持っていったら、一時間後に取りに来てくださいと言われ、
いったん帰るのもめんどうだしどうしようかな・・・と思いながら
ぶらぶら歩いていたら、突然、この絵のような素敵な景色が目の前に。



日本にもこんな道、ありますよね。
高田馬場の裏手の一角とか、裏原宿とか、横浜の商店街のひっそりとした裏通りとか。
住人たちが手をかけて、毎日愛情こめて育てている感じの。。

みんなこの道が好きみたいで、こぞって通る。
お店が軒並みシャッターを下ろした日曜の午後でも人通りが絶えません。
うん、ここは遠回りしてでも通りたくなるよね。。

 

壁一面を覆いつくしたツタの葉むらは芸術的な秋の色。
見とれていると、道の向こうからすてきな老夫婦が現れました。
うーん、絵になるね。まるで映画のワンシーン。

 

手をつないでお散歩中の年配カップル、わりとよく見ます。
微笑ましく思う一方、いったいどうやったらあんなに何十年も
仲良くいっしょにいられるのかしら、と真面目にふしぎに思ったり。。

小道沿いの細長い公園。ちょっと冷たいけれどベンチに腰を下ろし、
短い秋の日を惜しみつつサガンを読む午後のひととき。

 





  

2016年11月10日

コンサートのあとで♪




サル・ガヴォーでのコンサートの夕べ。
終わったあと、この日招いてくださった、デザイナーのマダムが、
カフェで昔の色んな話を聞かせてくださいました。
マダムのお話はいつも面白くて、聞くのが楽しみ。
満入りのカフェのガヤガヤ喧しいテーブルで、一心に耳をすませていました。

マダムのお知り合いだった、アメリカのものすごい大富豪のお話。
コネティカットの一等地にとてつもない敷地とお屋敷をもっていて、
その広さたるやパリ市全域ほどもあったとか。
「飛行機で上から見ると、コネティカットでいちばん広いの。」
お隣がケネディ家だったこと・・・。
「隣りといっても、車で何時間もかかるのよ。」

この大富豪にマダムが気に入られて、ぜひ遊びに来なさいと再三言われたこと。
「アメリカは好きじゃないからずっと渋っていたのよ。
それでもついに腰を上げて、スーツケースも買って、飛行機も予約して・・・」
行くばかりになったとき、この方が大理石の階段から落ちて亡くなった、
という知らせが来たこと。
「映画みたい!」
「あら、映画にもなったのよ。カトリーヌ・ドヌーヴが主演して・・・
何といったかしら、70年代くらいのことよ」

遺言でたくさんのお金を残してくれたけれど、あとが大変なので
受け取らなかったお話。
「あなたにはお世話になったからってね・・・。
私としてはとくにお世話したというつもりはなかったのだけれど、
心を尽くして人に接していると、誰か見ていてくれるものなのね」

貴族社会の色々な話・・・服と同じで、最新シーズンの宝石しか
身に着けないという話。
ワンシーズン前の宝石なんか見向きもしないそう。
「それでも、パリのアパルトマンがいくつも買えるくらいの
価値があるのよ。」

「そしてね、貴族は必ず、本物とイミテーションと、両方作らせるのよ」
イミテーションは、旅行用に、だそう。ふつうの人には見分けがつかない。
「でもね、貴族の中にも、落ちぶれ貴族がいるのよ。
彼らは目利きだから、本物が分かるの。
ホテルの部屋なんか、みんな本物も偽物もごちゃごちゃに置いているでしょう。
すると、彼ら本物だけ盗って持っていくの。
だから、貴族たちの集まりには、落ちぶれ貴族は呼ばないのよ」

ほかにも色々、皇室のお話、パリの日本人社会のお話・・・。
「でも私はまだ、パリには40年くらいしか住んでないのよ」
40年くらい「しか」って!・・・全くもって、歴史の厚みが違います。
興味深いお話は尽きず、
カフェの煌めきと喧騒の中に夜は更けていくのでした。。。

 






  

2016年11月08日

コンサートホール サル・ガヴォー


 
  

先週、8区のサル・ガヴォーというところでのコンサートに
招待していただいて行ってきました。
サル・ガヴォーといえば、かつてフジコ・ヘミングさんもやったところ。
なかなかいいホールね、と書いてらしたので、一度来てみたかった。

ラウンド型の構造、壁面の凝った彫刻や、正面のパイプオルガンなどとても素敵。
階段などすべて赤絨毯が敷きつめられて、シャンデリアの電球は半分切れてるし、
そういうところも含めていかにもパリ。。
ただ、デコラティヴなオペラ座なんかと比べると天井画もないし、わりとシンプルめな印象。

 
 

驚いたのは、お手洗いが4階にあること。
よっぽど使われたくないのね・・・。
フランスの施設や店って、どうも、客にトイレ使わせないことに命かけてる節がある。
メトロ駅にもトイレないし。
だから出かけるのは日本よりハードル高い。
急にトイレ行きたくなった場合にどうするか、計画を立てていかなくてはいけない。

はじめてパリに来て、サンジェルマン・デ・プレの有名なカフェ<ドゥ・マゴ>に
入ったときのこと。
1930年代にシュレアリストたちのたまり場だったところで、
かつてアンドレ・ブルトンにどっぷりはまっていた私には外せなかった。

せっかくカフェに入ったから、トイレに行っておかないと。・・・
と、地下にあるトイレは何と有料で、お金を徴収する<トイレおばさん>が
でんと構えていらっしゃる。
さいしょ、全く気がつかずに横を通り過ぎたら、聞こえよがしに「えっへん!」と
咳払いされてしまった。

えーっ、メニューも何もかもこんなに高いのに、さらにお金とるの?
とびっくりした思い出がある。
さすが、息してるだけでお金のかかる街、パリ。

・・・って、トイレの話じゃなかった。
この日のコンサートは、加藤登紀子さん。
正直、私はほとんど知らないに等しい。
けれど、この日のサル・ガヴォー、まるでパリじゅうの日本人が
集まったのじゃないかしらというくらいの大盛況だった。

私の後ろで、少し年配の方が、「私たちの年代は加藤登紀子よね~」
と、感慨深く話されていた。
ピアノ+ヴァイオリン+パーカッションの3人だけの音楽隊。
音響もよく、30人分くらいの迫力があってすばらしかったな。。