2018年12月02日

パリ14区、2018秋。~その4




10月半ばの日曜日。久しぶりにお天気がよかったので、思わず近所の散歩に。
陽があるうちに充電しておかないといけません。パリの冬はほんとに灰色だから。

街路樹、何の木だろう。毎日通ってるのにいまだに分からなくて気になる。。

 

何年も横を通って学校へ通ってたカフェ、はじめて入ってみた。

  

道の片隅にジジ発見。。

 

よく通る小道。石畳とこのひっそり感がいい感じです。

 

この窓、ペンキの色褪せ具合もいい感じで、通るたびに撮ってしまう。。



いつもの帰り道、メトロ口を出たところのカフェ。



たまに行く店の・・・これはハロウィンの日だった。
だから蜘蛛の巣が張ってるのw
夕方、通りを仮装した子供たちの列が渡っていくのを見かけたわw



これはサントゥアンの近くの、廃線になった鉄道の駅舎をリノベしたカフェの窓から。
カラフルなグラフィティがいい感じです。

この日は、短編ドキュメンタリーの撮影で来たのです。
今年度から実技が始まって、チームを組んで撮っています。

私以外は全員フランス人なので、いまだに何言ってるか分からないことがあって
迷惑をかけて落ち込む…。
でも、みんなめっちゃ優しいのです。それにみんなセンスいい!























Posted by 中島迂生 at 04:46│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。