2018年10月03日

この景色が宝物。~つくば、2018夏~


 

7月のおわり、水面のかなたに筑波山をのぞみます。
空の青と水の青と、みどりだけの贅沢な風景。



8月半ば。広い空、広~い田んぼ道。



この夏のベストショットのひとつ。
くっきりと深い青。なんて綺麗なんだろ~!!



竜一高の自転車小屋あたり。
前の記事でも載せたけど、陽を透かしたみどりの梢がいい感じなのでもっかい載せとくw

 

生垣に囲まれてひっそりと、こんなレトロな感じの民家も
あまり見なくなった気がする。味わい深い佇まい。
(勝手に載せてすみません)



つばめの乱れ飛ぶ田んぼの夕方。

 

牛久沼のほとりのうなぎ屋さん。眺望、抜群。
曇りの日には虚空にぽっかり浮かんで見えるこの島は、
人造島らしいけれど、私の中では子どもの頃から<トム・ソーヤーの島>だった。
(ちなみに、別の場所に<ハックルベリー・フィンの島>もあるw)

昔、いちどどうしてもこの島に行ってみたくて、手漕ぎボートで沼を突っ切って上陸したことがある。
遠くて、腕が疲れたわー。ボート小屋のおじさんに呆れられたw

 

しずかな曇り空の、秋の気配ただよう田園の情景。
きみどりが鮮やか。

 

咲き残りのさるすべり。
暑さもやわらいで気持ちのいい午後、万博公園。
桜の葉っぱは、もう色づきはじめて。




















Posted by 中島迂生 at 05:48│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。