2018年09月25日

風吹き抜ける部屋の記録、2018夏。~その2


前記事で、ざっと部屋のようすをご紹介したので、ここではもう少しこまかなところを。

 

見るたびに心楽しい、キッチン台のアクリルケースに並べたガラスの動物たちなど。
家族や友だちからもらったものが多い。

 

こまごました小物を並べた窓辺。
パリの部屋の窓にもこんなふうに小石やガラス玉を並べたい、と思ったけれど、
パリの窓は内側に開くので、窓枠にはものを載せられないのです。残念ながら。
壁が漆喰なので、ポストカードも留められない。

石ころや貝殻は子供のころに海やあちこちで拾ったもの。
天使と白いエッフェル塔は百円ショップで。
パリの部屋にも置きたいと思って、同じものを探したけれど、もう売っていなかった。

 

バルコンに出した、今年もらったバジルの鉢と、その住人。

 

窓のそばには花を飾ったり、飾らなかったり。

 
 

クロゼットの中は、虹の七色。
とりわけ寒色系の、美しく繊細な柄の布地をこよなく愛しています。
でも、暖色系も充実してる。モノトーンの服もたくさん。
みんな大好き。
キャスターつきの引き出しもクロゼットの中に置いて、アクセサリー類や文房具なども収めている。
劇団の衣裳や、楽器類、キャンプ用品などもここに。

 

そうそう、入り口のところの、鏡の扉のついたシュークロゼットは、パカッと開けるとこんな感じ。
これ、本棚だったのを、奥行きがありすぎて使いづらいのでシュークロゼットに転用してみた。
白く塗って、別に買った鏡を頑丈な蝶番で取りつけて扉に。
取りつけるとき、重くて大変だったけど、なかなか使いよくて気に入っている。

  

流しの上の、鏡の扉のついた棚には、歯ブラシなんかを置いてるわけですが、
ゴッホのひまわりのコップや、恐竜やトカゲたちがいたり、なかなか楽しげ。
あいたスペースはティアラのコレクションのディスプレイにも使っているw



ブリキのゴミ箱も、長年愛用してる。
ふたは板材の端材で、自分でつくった。

 

すみの机は、母が捨てるというので引き取って白く塗った。
おもにテレビ台として使っている。
貝殻の小銭入れは、昔、友人からのお土産。
子どもの頃買ってもらった金色のハートの箱には、ふだん使いのアクセ類を入れている。



この子は、カエル好きのバー店主からもらったw



このトレイは、出発の一週間前くらいに百円ショップでひと目惚れ。
キレイなものならすでにたくさん持ってるから…と思ったけど、やっぱりキレイだ。
パリの部屋でも使いたくて、同じ店にもういちど買いに行くと、同じもの、さいごの一枚だった。
というわけで、荷物に入れて、こっちにも持ってきています。
どんより暗いパリの冬を、ちょっぴり明るくしてくれそう。



大好きなこの部屋、出発前にはとりわけ心をこめて掃除し、きれいに整えます。
それは部屋とじっくり言葉を交わす時間。
部屋と心を通わせ、感謝を伝え、パワーを注ぎます。
また一年よろしく頼む、の気持ちをこめて。

  
















Posted by 中島迂生 at 06:05│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。