2018年08月26日

高校の話~7 ネコバスの通る日~




ここまで来たので、今月はいっそ<高校時代のノスタルジーにとことん浸りまくる月間>と
しようかと思います。
で、ひきつづき高校の話です。

このところ、ふとしたことで、竜一高の演劇部の初演作品だった<銀河鉄道の夜>の舞台のこと、
改めて思い出していたのです。
あれが自分にとって演劇というものの原点だなって、今もずっと思っていて。…

高校演劇

初回はほんとに、体育館でさえなくて、教室のひとつに暗幕張って、
イス並べて客席を作っていたのでした。
だから舞台と観客のあいだがめっちゃ近くて。
あのこじんまりした感じと、手作り感と。
何より部員さんたちの、とりわけ立ち上げたSさんの迸る情熱が
ダイレクトに伝わってきて。
これぞザ・<舞台>!!って感じで、忘れがたい。

そんな原体験もあって、
私、劇団を立ち上げた頃は、わりと高校演劇を見る機会が多かったのです。

今回、久しぶりにまた見たいなぁと思って、高校演劇祭にお邪魔しました。
このたびの各校のテーマは、LGBT、言語、いじめ、生活保護など。
あと、さいごの講評が面白いですよね。

ご自分の学校のところだけだけど、O先生がいらしていてね。
思いがけずまたお会いできました。
演劇祭に校長先生が来るってなかなかないよなー。
しかもひとりひとりのことをちゃんと把握してる。
この親バカな感じがよいですw

目のまわりの優しいしわ。
年ごとに子供たちに注いできた愛情を刻む年輪のようで。

会場が竜ヶ崎だったので、せっかくだから竜一高にも寄りました。
その日は台風が近く、大風にざわざわ木々がなっていて。
「ネコバスが通ると大風が吹く」っていう、あの頃のO先生の言葉を思い出しました。

 

校舎が新しくなったのは知ってるけど、正直、そこまで思い入れないのよね。
あの頃も、どってことないふつうのコンクリの箱だったからなー。
これが古い木造校舎とかだったら、思い入れもずいぶん違ってきただろうけど。

変わったものより、変わらないもののほうに目が行きます。
私の場合、だんぜん、木たち。
坂道の桜並木はずいぶん傷んでしまっていてね。
まぁ、前からだけど。。



ユリの木はそのまま。
ヒマラヤスギは、だいぶ弱っていたな。
ポプラは腰の辺りで切られてしまっていたけど、また伸び始めていた。
自転車小屋の向こうのケヤキの木立がりっぱでねー、
思いのほかトトロの森っぽい。



駐車場にせり出した百日紅の幹に、<枝に注意>っていう看板がかかっていて。
車がぶつからないよう、わざわざ赤いカラーコーンが置いてある。
これ、私のときにもあった。
看板は代替わりしたかもしれないけど、今もそのまま、スバラシイ。
この優しさが、めっちゃ好き。
ふつう、とっくに木のほうを切っちゃうでしょ?
この枝ぶりが、またいいのよね。日本画の竜のようで。



帰りは、いつも自転車で通ってた細道をのんびり。
あ~、いいな~、里山。
ほっとする~! パワーチャージ!!



たまに来て、季節のいいときだけ楽しんでて、ごめんなさいね。
でも私も当時は、毎日13キロ(往復26キロ!)、降っても晴れても
ペダルを踏んで通っていたのですよ。
だからまた、たまには来させてね。
























同じカテゴリー(高校の話)の記事
 竜一点描 補遺その4 (2018-08-26 17:12)
 竜一点描 補遺その3 (2018-08-26 17:01)
 竜一点描 補遺その2 (2018-08-26 16:43)
 竜一点描 補遺その1 (2018-08-26 16:30)
 竜一点描 あとがき (2018-08-17 01:19)
 竜一点描 (2018-08-17 01:14)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。