2018年08月10日

高校の話~6 二桁の引き算と、人の自由と。~



今回、お世話になった先生たちにお会いすることができて、とてもうれしかったし色々発見がありました。
いちばん大きな発見があったのは、前記事の数学のK先生ではないかな。
何しろ、ちゃんとお話ししたのって、ほぼはじめてでしたから。

(知ってはいたけど)ほんとに頭いい!!と感じたのは、たとえば
説明が的確なので、通常の自分の思考回路にはないようなことを言われても、すっと理解できたり。
逆にこちらから、10のうち3くらいまでしか言っていないのに、魔法のようにパーン!と通じる感覚があったり。
たとえば二桁の引き算の話をして、パッと分かってもらえた人って、はじめてかも。
逆に「ええっ?!」ってなりました。
だいたい、話してもポカーンとされますので。

そんなこともあって、あらためてこの二桁の引き算問題、自分なりに少し考えてみた。
それがちょっと面白かったので書き留めてみようと思います。
ここから先、高校の話はあまり関係なくなってきますけど…

   *   *   *

前記事で、私、二桁の引き算で人生挫折したって書きました。
一の位の引かれる数が、引く数より大きい場合なら分かるのです。
14-2 とかね、17-5 とか。
問題は、12-5 とかの場合。「十の位から借りてくる」っていうアレ。
あのやり方を教わったときに、私は子どもながらにショックを受けたのです。

何で「お金は借りちゃダメ」って教わってきたのに、数字はいいのだろう?
一の位のなかだけでどうにかできないのだったら、隣の位をあてにしたりするの、違くない?
収入以上の予算を組んで、国の補助金をあてにしてダムを建設する地方自治体みたいです。

何でそんな姑息なやり方をしてまで引きたいと思うのだろう?
そういうときはもう、引かないでそっとしておいたらいいのに。
そんなやり方を教えられて、私、なんか、むっとしました。
そんなのイヤだな、と思いました。
いわば私は「分からなくてつまづいた」のではなく、「同意できなくてつまづいた」のです。
根が深いです。
ピカソみたいです。(自分で言うな!)

けれど、残念ながら今のところ世の中全体のシステムがそうなっていますから、生きていくためには順応しないといけません。
ということで、以来人生のなかで、隣の位から借りてこざるを得ない状況はずっとつづいています。
しかしいまだに心から納得しているわけではないため、やっぱり時々まちがえます。
根本的な解決にはなっていません。

そこで今回、あらためて考えてみました。
この問題を、隣の位から借りてくることなしに何とか解決できないだろうか。
アホか、と思わずに、まあちょっとおつきあいください。
なかなか面白いところまでいくかもしれませんよ。

   *   *   *

幼き日の私が考えた、「引かずにそっとしておく」、これは実は究極の、いちばん難しい方法です。
人類にとっては。
そのレベルにまで到達する日は来るのか?ってレベルです。
「…しないでおく」ことの不可能さ。

エデンの園のリンゴを食べずにおく
パンドラの箱を開けずにおく
他の女に手を出さずにおく
核兵器の開発をしないでおく
クローン人間の研究をしないでおく

それができるようになったら、それ、もう人類じゃなくないですか?
これは哲学的な解決方法です。残念ながら、あまり現実的ではありません。

「しないでおく」ことがどれほど難しいか、もう少し見てみましょう。
読者の皆さんにだけ、こっそり告白しますが、実は私、アインシュタインが天才だったなんてみじんも思っておりません。
それどころか、天下の大バカ者ですわ。
そして、実はそう思ってるのって私だけじゃないと思うわ。

あとから謝っても遅いよ… って話です。
たとえば原爆の発明につながったとされるかの有名な公式、私、それを発見した人って、彼の前に少なくとも百人はいると思っている。
マヤ文明、アステカ文明… 今の文明では不可能な、すごい建造物を残している別の文明が、過去にいっぱいある。
発見していないわけがありません。

みんな、彼より賢かったから、先を見通して、プロメテウスの火をそっと踏み潰してきたのです。
そっと闇に葬ってきたのです。
アインシュタインは、それを見出した者のなかでいちばん愚かだった。
想像力の、絶望的な乏しさ。
だからただ見つけたことにうれしくなって、子供のように後先考えず、世に出してしまったのです。
ひとたびそれをやってしまったから、もう人類は後戻りできなくなった。
まぁ、彼だけを責められないけれどね。

思うに、二桁の引き算もそれと同じです。
引かずにそっとしておくことのどうしてもできない愚か者が、この先も地球上からいなくなることはないでしょう。
「とにかく私は引かないわ!」と孤高を貫くという手もありますが、それだと社会生活がなかなか難しくなります。
具体的には、たとえばお財布の中がお釣りの小銭でジャラジャラして、収拾がつかなくなります。
ですから、もう少し、ほかの方法を考えてみましょう。

   *   *   *

隣の位から借りてこないで解決する方法、二つ目は、たとえば
「引かれるほうの一の位が、引く数より大きくなるまでがんばる、努力する!」です。
これは理にかなった、プラクティカルな方法です。
ここまで持ってこれれば、お隣からの借金なしに堂々と引くことができます。

ただし、この方法だと、引かれるほうの数が具体的に何かっていうことに、けっこう左右されます。
これがリンゴの実とか、貝割れダイコンの話なら、毎日水をやって日に当てることで、引かれるほうの数を大きくすることは比較的容易でしょう。
ところがこれがピンポン玉のような無機物だと、いくらせっせと水をやったところで、数を増やすのはなかなか難しいです。

これがクマノミの雌となると、さらにやっかいです。
性別を自由に変えられる彼らの場合、引かれるほうの一の位が8だったのが、一瞬目を離したすきに3に減っている、なんてことが起こりえます。
でも現実問題、世の中にそういうことはけっこう多いのではないでしょうか。

クマノミの雌によく似ていてもっと身近なもの、それはずばり、お金です。
色んな条件によって、とかく左右されます。
ビジネスやギャンブルの才、税法の改正や景気変動や、株式市場の諸事情だとか。
そんなことで増えたり減ったり、どうも不安定な感じです。

   *   *   *

ということで、私、第三の道を考えました。
現状のままでどうしても押し通したい場合、自分ではなくいまいる枠組みのほうを変える、
システムを変える、いわば革命的な解決法です。
あるいは「ここではないどこか」を求めて、タヒチへ渡ったゴーギャンのようなやり方です。

ちょっとバカみたいな話をしましょう。
14個のリンゴと7個のリンゴを、それぞれ横一列に並べてみるとします。
そうすると明らかに14個のほうが列が長くて、多いことが分かるので、そこから7を引くことができると分かります。
これは私でも分かります。
ところがこれを十進法で書き表すから、見たところ一の位の数が、引かれるほうが引くほうより小さくなってしまって、ここで借りてくるこないの問題が生じてしまう。
つまりは表示方法、進法の問題です。
だったら十進法ではない、別の進法で書き表すことはできないでしょうか。
ひたすら横一列に並べたリンゴのような、借りる借りないの問題が生じない、なにか別の表示方法はないでしょうか。

世の中十進法だけじゃない、12進法や60進法など、いろいろあります。
探せばもっといろいろ、無限にあるはずです。
√687abcyの2乗分の3x進法とかねー、よく分かりませんけど。
根気よく探してみたら、14から7を引くにも隣の位から借りてこないですむ進法が、何かひとつくらいは見つかるのではないでしょうか。

ただし、これはホーキング博士の宇宙理論のように、いまのところはあくまで理論だけです。
じっさいは分かりません。
私の脳みそでは実証できませんので、だれか代わりに実証してくれないでしょうか。

でも、そういう概念を想像してみるだけで、なかなか考えの余地が広がるでしょう?
そういう存在を想像してみることができるってことは、あるいはこの世のどこかにほんとうに存在しているのかもしれませんよ?

   *   *   *

とはいっても、今後しばらくは、人類はあいかわらず、あの姑息なやり方で二桁の引き算を続けてゆくのでしょう。
ではこんなことを考えてみるのに何の意味があるかって?

現時点で一方的に与えられているただひとつの方法が、どうしてもイヤだったりする場合、
我々にはただ忍従する道しかないのか。

いや、少なくとも、立ちどまって考えてみることができます。
可能なやり方はほんとにそれだけなのか、あるいはほかにもあるのではないか、と考えてみる。
それも人間の持つ自由の重要な一要素です。
本気で考えてみることで、思わぬ道が開けたりするもの。
この問題では今のところムリでも、別の問題ではうまい解決策が見つかるかもしれません。

諦めて、流されてしまったらそこで終わり。
我慢と降伏は、まったく何も生み出しません。
考える力って、自分がより生きたいような人生を切り開いていくために使ってこそ。

二桁の引き算で、借りてくるのはどうしてもイヤだ、ってことを突き詰めて考えてみたら、こんなところに辿りつきました。
だから、時々、突き詰めて考えてみるって面白い。
己を省みるきっかけになるし、思わぬ発見があったりします。

実は私自身、相当外の力に流されてここまで来ています。
だから自戒のために書いているのです。
日常の厄介ごとに埋もれても、考えることを放棄しちゃダメ。
It's my life! なのです。人生の主導権を、手放しちゃいけないのです。



















同じカテゴリー(高校の話)の記事画像
高校の話~7 ネコバスの通る日~
同じカテゴリー(高校の話)の記事
 高校の話~7 ネコバスの通る日~ (2018-08-26 17:30)
 竜一点描 補遺その4 (2018-08-26 17:12)
 竜一点描 補遺その3 (2018-08-26 17:01)
 竜一点描 補遺その2 (2018-08-26 16:43)
 竜一点描 補遺その1 (2018-08-26 16:30)
 竜一点描 あとがき (2018-08-17 01:19)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。