2018年05月17日

ペンダントをペンディングしない


   

最近のお気に入りスペース。
目に入るたびに、おぉ、キレイだなー!と見とれています。

つくばの家では、ペンダントとかネックレスは(というか、しばしば、ブレスレットや指輪まで)
壁に適当に画鋲を刺して、そこにひっかけていたのです。
ポストカードや雑誌の切り抜きなんかといっしょに、壁を飾るようにね。

ところが、こちらの住まいでは、漆喰の壁に画鋲が刺さりません。
物理的に無理だった・・・。
で、いろいろ試行錯誤の末、ついさいきんまで、シンクの前の部分に
まとめてごちゃっと吊り下げていました。



それも、数が少ないうちはよかったのだけど、
つくばから加わった援軍たちが増えるにつれ、なかなかカオスな状態に。
吊り下げきれなくてボトッと落ちる子がいたり、
あとやっぱりシンク前だから、水滴が飛び散るのよね。
目には見えないけど、ワイングラスと同じにだいぶくすんでしまったと思う。

そういう諸々の事情により、このたびちょっと置き方を変えてみた。
指輪などを置いていた鏡の前のちょっとしたスペースに、
ネックレスやペンダント類もあわせて配置。

そしたら、それまでいっしょにいることのなかった子たち同士が並ぶことで、
色同士も韻を踏み(どのアイテムも結局似たような色を選んでるから)、
思いのほか華やかでゴージャスなコーナーに。

私、こういう寒色系のきれいな色のバリエーションがほんとに大好き。
たまに、店頭で好みの感じのディスプレイに出会うと、
「ここに並んでるの全部ほしい!」「ディスプレイごとほしい!」と
思ってしまうことがあるのですが、これ、まさにそんな感じです。
だから目にするたびにハッピーに♪

自分で見て楽しむだけで満足しすぎて、
ますます出掛けるときに身に着けなくなりましたw
このディスプレイの調和を乱したくない・・・
で、元の場所はせいぜいこのくらいにしておく。。



カレン・キングストンさんなんかの本によると、
モノをぶら下げて保管って風水的によくないそうです。
風水なんて、彼女の本を詠むまでとんと気にしたことがなかったのですがね。
何でも気分が落ち込んだりする原因になるそうで、
なんでも上向きに置くのがいいんだって。

でも、<ペンダント>ってそもそも<ぶら下げる>ってことじゃないですか。
もともとそういう名前なのだから、そこはぶら下げて保管が自然ではないかしら。
と、長らく思っていたのだけれど・・・

あとから考えてみると、「ペンディングする」っていうと
「宙ぶらりんのまま放っておく」ってことで、あんまりいい意味じゃないですよね。
それにぶら下げておくっていうことは、
常に外れて落っこちてしまう危険があるわけです。

あと、フランス語で「ペンダント」にあたる動詞には
「絞首刑に処する」っていう意味もあるし(!)
思いのほかぶっそうな感じ。
やっぱりあんまりいい保管の仕方ではないのかもね。
ものごとなべて、基本上向きがよろしいみたい。















同じカテゴリー(巴里日記2018-5月)の記事画像
ヘヤカツ、ハムカツ
創造の場はカオス。
買い物に行くときは
夏仕度
お気に入りは前面に。
魅惑の小さな部屋 画像集
同じカテゴリー(巴里日記2018-5月)の記事
 ヘヤカツ、ハムカツ (2018-05-20 21:13)
 創造の場はカオス。 (2018-05-19 21:23)
 買い物に行くときは (2018-05-18 19:50)
 夏仕度 (2018-05-17 01:53)
 お気に入りは前面に。 (2018-05-15 04:09)
 魅惑の小さな部屋 画像集 (2018-05-13 22:39)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。