2018年02月16日

ホテル・ノスタルジヤ(16)


  

16.

 街路樹の枝々も芽吹きはじめたある日のこと、朝食を終えて部屋に戻ったイレーヌは、ベッドの上でのんびり雑誌をめくっていた。
 と、だしぬけにメルバがバサバサッ!! と大きく羽ばたいたので、部屋じゅうの新聞やら紙類やらが、風にあおられて舞い上がった。
「ちょっとちょっと!」イレーヌは注意した。「飛ぶ練習をするときは、予め言ってよね! ぜんぶごちゃごちゃになっちゃったじゃないの!」
「今日あたり、いけそうな気がするのです」馬はまじめな表情で言った。「ちょっとやってみたいのです。窓を開けてもらえませんか?」
 イレーヌが開け放った窓からメルバは身を乗り出し、思いきって翼を広げると飛び立った。はじめはやや覚束なかったが、やがてしっかり安定した羽ばたき方になると、円を描いて二周、三周してから満足げに戻ってきた。
「さあ、背中に乗って!」バルコンの手すりに蹄をかけて、メルバは元気よく言った。
「もういいの? すっかり大丈夫なの?」
「大丈夫ですとも。何年というもの、人をこの背中に乗せてきたんですからね。そして、イレーヌ--色々ありがとう。今日でお別れです」
 あっけにとられたまま、イレーヌは窓枠に足を掛け、メルバの背にまたがった。彼女を乗せると、メルバは勢いよく壁を蹴って飛び立ち、翼を広げて、天高く駆け上がっていった。みるみる下界の家並は小さくなり、やがて広々とした丘の連なりのかなたまで、パリ市街を一望するまでに高く高く… イレーヌは全身を切る冷たい風に震えながら、メルバの長いたてがみにしがみつき、高鳴る胸をおさえてはるかな街並を見下ろした。突如、何もかも--今までこの馬を守り通すために、山ほど味わってきた苦労や不安や心配や、そうしたものすべて、一瞬のうちに彼女の心から消え去った。この大空を前にしてはただ、人生はすばらしい、無限の可能性に充ちている… そうした圧倒的な思いしかなかった。…この目に映る、かなたへ広がる地平のように、どこまでも限りがない…そんな思いが熱くほとばしり出て、うねり高まる大波のように彼女を飲みこんだ… そう、何ひとつあのころと変わりはなかった、光こぼれる夏草の戸口から一歩踏み出せば…王様の宮殿へも、鏡の国やグリーンランドへでも…
「ああ…素敵ね…空を飛べるって、ほんとに…」イレーヌは溜め息をついた。
「そうですとも」かつてない誇りに満ち溢れて、メルバは答えた。「およそこの世に、これほどすばらしいものはありません」…
 やがて二人が青空を背景に真っ白に聳え立つサクレ・クールに近づくと、イレーヌはモンマルトルの坂道の途中に、見覚えのある親子連れの、豆粒のような後ろ姿を見つけた。
「あの子だわ! マリアン!…あなたの名前を知っていたあの女の子よ。あそこに停まって、あの子も乗せてあげて!」
「よろしい」メルバはしずかに言った。「あの子は、私がこの街で乗せるさいごの子供になるでしょう」
 彼はぐいと顎を引いて角度を変えると、地上の一点を目指してまっすぐに駆け下っていった。
 やがて空を切る羽音に顔を上げた、マリアンの目がぱっと明るくなった。
「メルバ!」
 親子の前に降り立ったメルバのもとへ、マリアンは転げるように駆け寄ってきた。
「もうよくなったの?」
「そうよ、約束どおり迎えに来たわ。…お母さんも、よくなったのね?」
 マリアンは溢れんばかりの笑みを浮かべて、頷いた。
「よかった… メルバも、ほらね? また飛べるようになったのよ…」
 イレーヌはマリアンを抱き上げると、自分の前に座らせた。ふたりを乗せたメルバは再び羽ばたき、舞い上がった。
「すぐ戻ります!」イレーヌは慌てて母親に向かって叫んだ。
 メルバはぐいぐいと、またたくまに天高く駆け登り、それから彼らのために、街の上で何度も大きく円を描いてみせた。
「ごらん、あれがセーヌ…銀色のリボンみたいにきらきらして見えるでしょう。あの小さな島に建ってるのがノートルダム… 向こうに見えるのがエッフェル塔よ」
 イレーヌはひとつひとつ、指さして教えてやった。
 マリアンは顔を輝かせ、夢中になって眺めていた…が、しばらくすると、ふとその顔が翳った。
「メルバ、あなたは行ってしまうの? もう戻ってこないの?」
「私は世界を見にいくのですよ」と、メルバは答えた。「今までずっと、狭いひとつの世界しか知らなかったのでね」
 マリアンは何も言わなかった。涙がひとすじ、頬を伝ってこぼれ落ちた。
 イレーヌはその肩をそっと包んだ。
「今この瞬間を覚えておいてね。おとなになっても、ずっと忘れないようにね」
「さあ、そろそろ行きましょうか」…メルバはしずかに言って、サクレ・クールの白い頂を目印に、再びモンマルトルを目指した。
 マリアンを母親のもとに送り届け、それからイレーヌひとりを乗せてホテルまで向かうあいだ、メルバはつと無言になった。
「このあとどこへ行くの、メルバ?」
 イレーヌが尋ねると、彼は答えた。
「私はヴェニスへ行くのです。覚えているでしょう、私のいたメリーゴーラウンドに、ヴェニスのゴンドラがおりましてね。ことあるごとに、ヴェニスがどんなに美しい街かってことを吹きこむもんですから、ここを逃げ出したら真っ先に行ってやろうと、ずっと心に決めていたのです。そのあとは、たぶん…世界一周の旅に出るでしょうね。生まれてこのかた、フランスを出たことがないのでね。エジプトのピラミッドも見てみたいし、アマゾンのジャングルへも行ってみたいし… ほかの色々なところへ、行ってみたいのです」
 イレーヌを<ホテル・ノスタルジヤ>の窓辺まで無事に送り届けると、彼はあらたまって言った。
「それでは、ほんとうにありがとう。これでお別れです」
「わかったわ。それじゃ、すてきな旅をね。さよなら」
 メルバは再び力強く羽ばたいて、窓枠を蹴って飛び上がった。遠く遠く、真っ白なその姿が青空の中の一点となり、やがて吸いこまれるように消えてゆくまで、イレーヌは窓辺に身を乗り出してずっと見送った。
「…あいつ、行っちまったんだな」
 ふと声がして、下を見ると、いつのまにかジャンが通りの端に立っていた。煙草屋から戻ってきたところだったようで、小脇に新聞を抱え、ポケットに手を突っこんで、メルバが消えていった同じ方向を眺めていた。
「ええ」
「あの野郎、さんざん世話を掛けやがって、俺には挨拶していかなかった」
「あら、そのつもりだったのよ」とイレーヌは急いで言った。
「あの画家の方にもたいへんお世話になりました、くれぐれもよろしくお伝えくださいって言ってたわ」
「ふん」
 ジャンは肩をすくめると、煙草の吸いさしを地面に投げつけて、ドアを開けて中へ姿を消した。








同じカテゴリー(小説 ホテル・ノスタルジヤ)の記事画像
ホテル・ノスタルジヤ イラスト集&物語のモデル
ホテル・ノスタルジヤ あと書き
ホテル・ノスタルジヤ(17)
ホテル・ノスタルジヤ(15)
ホテル・ノスタルジヤ(14)
ホテル・ノスタルジヤ(13)
同じカテゴリー(小説 ホテル・ノスタルジヤ)の記事
 ホテル・ノスタルジヤ イラスト集&物語のモデル (2018-02-19 06:39)
 ホテル・ノスタルジヤ あと書き (2018-02-18 08:05)
 ホテル・ノスタルジヤ(17) (2018-02-17 07:23)
 ホテル・ノスタルジヤ(15) (2018-02-15 06:33)
 ホテル・ノスタルジヤ(14) (2018-02-14 06:28)
 ホテル・ノスタルジヤ(13) (2018-02-13 06:10)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。