2018年02月02日

ホテル・ノスタルジヤ(2)


  

2.

 幾日かすごすうち、だいたいのようすが分かってきた。シーズン中はそれなりの賑わいを見せるこの小さなホテルも、今はがらがら、来ては去ってゆく少しばかりの滞在客と、食堂を切り盛りしているコックと、住み込みの使用人が数人いるばかりだった。それから北の角部屋に住みついている居候のジャン・ミシェルがいた。
 ジャン・ミシェルはいちおう画家ということだったが、とてつもない偏屈者だった。注文があっても気が向いたときしか応じず、彼の絵を気に入った画廊のオーナーが個展の話を持ちかけても、耳を貸そうともしない。
「右岸のブルジョワどものさらしものになってたまるか」というのが口癖で、マダム・ヴィオラにぶつくさ言われては、ゴミ出しだの建物まわりの雑用や使い走りだのをさせられていた。まあ、半ば住人といってよかった。
 イレーヌは朝は遅くまで寝ていて、それから昼近くまで朝食のコーヒーをお供にがらんとしたロビーに長々居座り、勝手気ままに過ごしていた。時にはノートブックを取り出して何か書いていることもあったが、書きさしたままぼうっと窓の外を眺めていることのほうが多かった。ムッシュウ・ブノワはそんなようすを見ていたが、肩をすくめて何も言わなかった。彼の目には、彼女が何かを探しにきたか、何かを忘れにきたかに見えた。そんな滞在客は時どきいた。
 午後になると、あてもない長い散歩に出掛けた。
 その年の冬、パリは雪景色がずっとつづいた。絵葉書以外ではめったに見ることのない雪のエッフェル塔をしげしげ眺めながら、屋台のホットワインで指をあたためたり、ノートルダム前広場で、燃え盛るたいまつをくるくる回しながら次々空中に放り上げる芸人たちを眺めたり、みどり色に沈むセーヌの岸をえんえんどこまでも歩いたりした。
 モンマルトルへ足を運ぶと、どんなに寒くても必ずサクレ・クール寺院の聳える丘のてっぺんまで、石段をさいごまで登って、灰色に広がるパリの街並を見わたした。
 市庁舎前の広場も彼女のお気に入りだった。パリ市庁舎、真っ白なお城のような、荘厳で美しい建物だ。その日、広場にはクリスマスの市が出ていた。とんがり屋根のかわいらしい屋台が立ち並び、色とりどりの風船や焼き栗やキャンディー売り、だぶだぶの服を着たピエロたち、アコーディオンのもの悲しい音色…
 真ん中には、花模様やアラベスクを描きつけた、オルゴールつきの優雅な宝石箱のようなメリーゴーラウンドがあった。
 イレーヌは柵にもたれ、美しい木馬やゴンドラが、子供たちを乗せて上がり下がりしながら回るのを眺めた。
 薄暗い曇り空の下、華やかな電飾に彩られた、夢のような姿…
 眺めるうち、イレーヌの心に子供時代の記憶がふっと甦ってきた。小さな町、ロイフェル。…年に一度か二度、やってくるサーカスに、どんなに心おどらせたか。…小さな手に握りしめた銀色のコイン。…
 ふと気がつくと、そばに、同じようにうっとりと眺め入っている親子連れの姿があった。縮れ毛の小さな女の子、やっと歩けるようになったかならないかくらい、2才か3才くらいの。…澄んだ珈琲色の瞳を、大きく見開いている。…
 母親は若く、痩せていて、腕に男の赤ん坊を抱えていた。
「マリアンも乗りたい、ねえ、いいでしょう、ママン?」
 女の子は振り返って母親の顔を見上げた。母親はためらった。
「あなたひとりじゃ、まだ無理だわ。お馬から落っこちそうになっても、誰もつかまえてくれる人がいないのよ」
「じゃあ、ママンもいっしょに乗って」
「ママンは、ダニーがいるから…困ったわね、抱っこしたままじゃ、乗れないし…」
 女の子は、それ以上何も言わなかった。が、柵ごしに見つめる瞳に、涙が溜まった。
 それを見て、イレーヌはそっと親子連れに近づいた。
「あの、すみません。実は、私も乗りたいなと思っていて。マリアンっていうのね? 私、彼女といっしょに乗ってもいいかしら?」
 イレーヌは女の子の方に腕をまわした。
「いっしょに乗りましょう、マリアン。それなら大丈夫だわ」
 彼女はマリアンの手を引いて、二人分のチケットを買い、ステップを上がった。
「どのお馬さんに乗りたい、マリアン?」
 女の子はじっと見つめて、「あれ」と指差した。
 それは優雅な長い翼をもった、真っ白な馬だった。宝石の馬具をつけ、こちら側の翼を少し傾けて、扇子を少しだけ開いたような具合に、斜めに伸ばしている。
 音楽がかかり、ふたりを乗せた馬たちが動きだした。…しだいに、しだいに速く、ぐるぐる ぐるぐる。…やがてクリスマスの屋台も、往き交う人々も、葉を落とした街路樹の木立も、すべてが青みを帯びて宵闇の中にぼうっと霞んでゆく…灯りのまたたきだす街の上空を、風を切って飛んでゆくような心持ちだ。…
 イレーヌの心の掛けがねがぱちんと開いて、長らく忘れ去っていた感覚が溢れ出した。子供のころのあの無限に全能な感じ、こちら側と向こう側とのあいだには何の境界線もなくて、光こぼれる夏草の戸口から一歩踏み出せば、王様の宮殿へも、鏡の国やグリーンランドへでも、どこまでも歩いてゆかれるという あの感じが。…
 マリアンが、きらきらする目をこちらに向けて何か言った。
「なあに?」
「メルバ」
「なあに、それ?」
「このお馬さんの名前」
 イレーヌは頷いた。…そう言われると、たしかにそんな気がした。…
「メルバ、ね」
 すると、そのとたんに馬の腹があたたかく鼓動を打ち始めた。
 マリアンの肩越しに、馬がその首を傾けて、片方の耳をぴんと立てたようだった。…






同じカテゴリー(小説 ホテル・ノスタルジヤ)の記事画像
ホテル・ノスタルジヤ イラスト集&物語のモデル
ホテル・ノスタルジヤ あと書き
ホテル・ノスタルジヤ(17)
ホテル・ノスタルジヤ(16)
ホテル・ノスタルジヤ(15)
ホテル・ノスタルジヤ(14)
同じカテゴリー(小説 ホテル・ノスタルジヤ)の記事
 ホテル・ノスタルジヤ イラスト集&物語のモデル (2018-02-19 06:39)
 ホテル・ノスタルジヤ あと書き (2018-02-18 08:05)
 ホテル・ノスタルジヤ(17) (2018-02-17 07:23)
 ホテル・ノスタルジヤ(16) (2018-02-16 07:27)
 ホテル・ノスタルジヤ(15) (2018-02-15 06:33)
 ホテル・ノスタルジヤ(14) (2018-02-14 06:28)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。