2017年12月31日

パリのお部屋の個人的イストワール(3)





北向きの部屋は、冬はちょっぴりしか日が差しません。というか、そもそもあんまり日が出ない。
いつもどんより、曇り空。
けれど暑がりの私は、エアコンのないパリの夏に耐えられず、わざわざ北向きの部屋を選んだのです。



さて、お部屋めぐり、つづきます。キッチンスペースのとなりにはドゥーシュ(シャワー)。
お約束で水漏れするシャワーヘッドはボウルの中に。
シャワーカーテンはどうしてもカビがちなので、時々ジャヴェルに漬けて漂白します。

このシャワーまわりも、さいごまで残った難関のひとつ。
壁との細い隙間には死ぬほどホコリが溜まっていて、のぞきこむと見えるのだが手が届きません。
どうしたものか、ずっと悶々と・・・。
で、さいきんやっと発明したのが、棒の先にぞうきんをくくりつけ、遠隔操作で掃除する方法。
慣れるとこまかいところまでけっこうキレイになります。
土台の継ぎ目の部分など、長年の汚れが真っ黒にこびりついて、タワシでもクレンザーでもびくともしない。
そういうところは上から白ペンキを塗って強制終了。
これでようやくスッキリ!!



ドゥーシュのとなり、ドアのわきにはアコーディオン型のショファージュ(中央暖房)。
冬にはありがたい存在ですが、これまたホコリの溜まりやすさ、掃除のしにくさはウルトラ級。
スポンジにクリームクレンザーをつけ、奥のほうの届かないところは割り箸を使って遠隔操作で。
しかし、手ごわいのがこのパイプ。



あるとき、夜寝ていて強烈なホコリ臭を感じ、何だろうと調べてみたら、このパイプの裏側が上のほうまで、熱で表面のペンキがベリベリにめくれたところにホコリがいっぱい溜まっているのを発見。
それを掃除するため、台をひっぱってきて、そこを足場に、ドアの取っ手やカギ部分に足をかけ、ロッククライミングのように壁をよじ登るはめに・・・。



ここのスペースには、実はいまは自転車を置いています。
ほかに場所がないので、たてにしてこんな具合に。
前は学校まで自転車で通っていたので、毎日使っていました。ただ、じゃま・・・。
いまはメトロになったので、手放そうかと思案中。

さて、これにてぐるっと一周です。
思えばこの部屋を見つけるまで、理想の住まいの条件をこまごま書き連ねたリストを片手にずいぶん探しまわったものです。
築百年くらいの昔ながらのアパルトマンで、螺旋階段に赤いタピの昔ながらの造りで、狭い女中部屋でいいから素敵なフランス窓があって、白壁に木の床で・・・。
あちこちで「そんな部屋はない」「そんな部屋はありません」とにべもなく言われつつも、いや、ないはずがない! と諦めなかった。
結果、今のこの部屋は、リストの条件の8割以上、ほぼ叶っています。
おかげさまで大家さんもいい方で、家賃もそこそこリーズナブル。
念ずれば叶う!!ということの証として、そしてもちろんこれまで手をかけたさまざまな仕事の結果として、今日も私の暮らしを支えてくれています。
こちらに住んで以来、思いのほか時間もエネルギーも学業に取られ、なかなか創造的な仕事に注ぐ余裕のない毎日。
そんななか、この部屋はいまの暮らしの中で生み出せる数少ない作品のひとつなのかも。






同じカテゴリー(巴里日記2017-12月)の記事画像
おばあさまの部屋の片付け
パリのお部屋の個人的イストワール(2)
パリのお部屋の個人的イストワール(1)
同じカテゴリー(巴里日記2017-12月)の記事
 おばあさまの部屋の片付け (2018-01-14 09:31)
 パリのお部屋の個人的イストワール(2) (2017-12-31 11:11)
 パリのお部屋の個人的イストワール(1) (2017-12-31 11:00)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。