2017年09月18日

北ポルトガル紀行2017 12日目*ポルト3日目


7月2日 12日目*ポルト3日目、ほぼ最終日

 

この日は旅行のほぼ最終日でしたが、日中はずっと宿でのんびりしていました。
前の日にかなりの大冒険をして疲れたのと、殺人的な暑さで、あまり外に出るような感じじゃなかったので。
市内観光にあててもよかったのですが、あの人ごみを考えるとげんなりしてしまってね。

ポルトの宿は、町の中心からだいぶ離れているので、地図で見ると不便そうだなと思っていたのですが、じっさいにはとても快適です。
しずかだし海も見えるし、朝ごはんも出るし、宿のすぐ向かいにスーパーもあるし、バーは昼から夜中までやっているし、もうそこだけで生活ができてしまうほど。
まぁ、たしかに「ポルトに泊まっている」というよりは「ポルト近郊に泊まっている」という感じですが、町中があれだけ騒がしいので、かえって離れてしずかでいいです。

朝ごはんのあと、窓から海を眺めていると、ヨットが次々と帆を上げて、木立のあいだをゆっくり、沖へ出てゆくの。
中には真っ赤な帆のヨットなんかもあって、青い海にしみてあざやか。
あんな炎天下で隠れ場所もなく、暑くて大変だろうなと思う反面、やっぱり見ていると羨ましくて、何で私はヨットないんですかー?! ってなる。
いつか船を一隻手に入れて、猫といっしょに舟旅したい・・・っていうのがずっと目標のひとつです。
ポルトガル旅行もこうして叶ったことだし、こちらもそのうち実現できるはず。

 

 

 

日が落ちてから海岸沿いをずーっと散歩して、岬の灯台のところまで。
そのあとまた、宿の中にある居心地よいバーでまったり。
バーのお兄さんは超親切で、ありとあらゆることを色々教えてくれます。
時々、自国への批判や、リアルな実情の話題も。
私が、トラス・オス・モンテスの映画のことを現地の人が誰も知らなかったという話をちらりとしましたら、
「そうなんだよ。残念ながら、この国の人間はアートや、自国の文化を大切にしない」と。
彼のお兄さんはアーティストで、フランスに住んでいるそう。
ポルトガルでは仕事がなかったが、フランスへ移住したらすぐに見つけたそうです。

また、フランスへ移住したポルトガル人が差別されたり、子供がいじめに遭ったりという話は、私も聞いたことがありました。
正直、「同じ白人なのに、アホか」と思っていました。
けど、彼は「フランス人とか、ヨーロッパのほかの地域の人間は、ポルトガル人のことを100%の白人とは見ない。我々は歴史的に、アラブとか、黒人奴隷とか、色んな血が混じっているから」と。
けっこうショッキングな発言です。
それでも、正直、私などは、「それでも我々アジア人が受けている差別に比べたら・・・」と思ってしまうのですけどね。。





同じカテゴリー(ポルトガル紀行2017)の記事画像
北ポルトガル紀行2017 13日目*ポルト4日目 最終日
北ポルトガル紀行2017 11日目*ポルト2日目 北海岸へ
北ポルトガル紀行2017 10日目*ギマランイス最終日→ポルトへ
北ポルトガル紀行2017 9日目*ギマランイス3日目
北ポルトガル紀行2017 8日目*ギマランイス2日目
北ポルトガル紀行2017 7日目*ポント・ド・リマ→ギマランイスへ
同じカテゴリー(ポルトガル紀行2017)の記事
 北ポルトガル紀行2017 13日目*ポルト4日目 最終日 (2017-09-20 10:00)
 北ポルトガル紀行2017 11日目*ポルト2日目 北海岸へ (2017-09-18 00:35)
 北ポルトガル紀行2017 10日目*ギマランイス最終日→ポルトへ (2017-09-17 23:50)
 北ポルトガル紀行2017 9日目*ギマランイス3日目 (2017-09-10 20:03)
 北ポルトガル紀行2017 8日目*ギマランイス2日目 (2017-09-06 23:23)
 北ポルトガル紀行2017 7日目*ポント・ド・リマ→ギマランイスへ (2017-09-06 22:09)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。