2017年09月10日

北ポルトガル紀行2017 9日目*ギマランイス3日目


6月29日 9日目*ギマランイス3日目。

この日も午前中は天気が悪く、ザーッと雨降ったり。午後から出ました。

 

 

宿のまわりの路地や細道。

 

こんなのもいるし・・・

 

 

 

 

宿のまわりをぶらぶら散策。
広場から何本も放射状にのびた道が、裏のほうで複雑につながって、思いがけないどころで宿の脇へ出てきたり。
こういう路地裏探検するの、ほんとに楽しい。

 

町の広場。

 

 

 

パステルカラーのタイル張りの家々。
タイルの壁面×繊細なアイアンワークのバルコン柵っていうのがこの地方独特のスタイルみたい。
無数のバリエーションがあって面白い。

 

きのうも通った石造りの教会とその内部。

 

 

町のハイストリート。

 

またお城へやってきました。昨夜は遅くて閉まっていたので、今日は登ります。
この日はちゃんと表側に着いた。
お城の中は資料館というか博物館的になっていて、この地方の歴史がいろいろ紹介されています。

 

 

・・・けどやっぱり、いちばん登りたいてっぺんの塔は封鎖。チーン。・・・
大体そういうものなのです。
ここでも城壁の上をぐるりと歩きましたが、この日は雨風打ちつけてけっこう寒かった。
ウィンドブレーカーみたいなの着てる人もいました。寒暖差、激しい。。

 

 

中心街をぶらぶら歩いて戻り・・・



ガイドブックで見つけた、ちょっと敷居高めのレストランに思いきって入ってみます。
ここはすばらしかったです。

ポークがこの地方の名産品ということなので、ポークグリルをお願いしてみました。
それが、これまで食べたことのない味わい。

カリッと絶妙な焼きかげんで、噛むとじわっと油が広がる感じ。
ポークって熱を加えると固くなりがちですが、しっかり歯ごたえがありつつも軽やか。
どうやったらこんなふうにできるのだろう?
お肉がいいし、料理の技術もいいし、その両方かな。
味つけはほぼ塩だけで、それだけで絶品。
お店の人たちもとても感じがよく、お値段もリーズナブルで感動でした。

  

裏道をぶらぶら探検して、広場へ戻ってきました。
味わい深い街並を堪能しました。。

 

右側が泊まっていた宿。けっこう古い、大きな建物です。





同じカテゴリー(ポルトガル紀行2017)の記事画像
北ポルトガル紀行2017 13日目*ポルト4日目 最終日
北ポルトガル紀行2017 12日目*ポルト3日目
北ポルトガル紀行2017 11日目*ポルト2日目 北海岸へ
北ポルトガル紀行2017 10日目*ギマランイス最終日→ポルトへ
北ポルトガル紀行2017 8日目*ギマランイス2日目
北ポルトガル紀行2017 7日目*ポント・ド・リマ→ギマランイスへ
同じカテゴリー(ポルトガル紀行2017)の記事
 北ポルトガル紀行2017 13日目*ポルト4日目 最終日 (2017-09-20 10:00)
 北ポルトガル紀行2017 12日目*ポルト3日目 (2017-09-18 22:18)
 北ポルトガル紀行2017 11日目*ポルト2日目 北海岸へ (2017-09-18 00:35)
 北ポルトガル紀行2017 10日目*ギマランイス最終日→ポルトへ (2017-09-17 23:50)
 北ポルトガル紀行2017 8日目*ギマランイス2日目 (2017-09-06 23:23)
 北ポルトガル紀行2017 7日目*ポント・ド・リマ→ギマランイスへ (2017-09-06 22:09)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。