2017年09月06日

北ポルトガル紀行2017 8日目*ギマランイス2日目


6月28日 8日目*ギマランイス2日目。



みんなが写真を撮るポイント。うしろの山のてっぺんまでケーブルカーで登れます。
ギマランイスの町が一望できるらしい。

 

ぶらぶら坂道をのぼって、お城を目指します。
木立の間からお城が見えてきた。・・・けれど、例によって道間違えて裏側からたどり着きます。

  

表へ回ってみると、堅固な岩盤の上に築かれているのが分かります。
表からだと木立に半分隠れていますが、ミステリアスでいい感じ。



そばには優美なシルエットの教会が。

 

  

このあたりが町のハイストリート、古く美しい界隈。
お城もとの味わいある家並を抜けて町へ戻ります。

 

町の広場にはまた別の教会が。・・・帰ってきて、右のは、宿のそばにあるアズレージョの教会。

***

この日はなんか疲れてしまい、風も強いし、天気も悪いので外へ出たくなくて、宿でぐうたら。
夕方7時ごろから出て、広場のパン屋さんでおかずパンや魚のフライなど少し買い、そのままぶらっとお城のほうまで行って、中心街の感じのいい町並を抜けて帰ってきた。
のんびり歩いて2時間くらい。
これでもう、町の主な見所は制覇! コンパクトな町って大好き。

でも、風に吹きなぶられてけっこう寒く、軽く風邪ひいたみたい。
夜はいろいろ着こんで、しかも暖房までつけて過ごす。(!)
宿の部屋は広々としてとても快適。

 


白身魚のフライ、絶品です。
衣が、卵いっぱい使ってる感じでカリッといい具合に揚がって、魚も美味。
あっためなくてもここまでおいしいってすごい!!

ついでに、横の貝殻みたいな形のパイ菓子は、噴水と教会を望むポイントにあるお店で。
しっかりハードなこのパイ皮の色を見ただけで、中身が何であろうとこれは美味しいに違いない!と「皮買い」。(ジャケ買いみたいなw)
いや、買うときに店員さんが説明してくれたんですが、ポルトガル語なのでさっぱり分からないの。

食べてみると、中には濃厚なかぼちゃの餡をベースに色々なナッツや細く切ったココナツがぎっしり詰まっていて、ヌガー的なプラリネ的な。
とにかく想像を超える美味しさでした。

この二つは、次の町へ移動するときにリピ買いして持って行ったほど。





同じカテゴリー(ポルトガル紀行2017)の記事画像
北ポルトガル紀行2017 13日目*ポルト4日目 最終日
北ポルトガル紀行2017 12日目*ポルト3日目
北ポルトガル紀行2017 11日目*ポルト2日目 北海岸へ
北ポルトガル紀行2017 10日目*ギマランイス最終日→ポルトへ
北ポルトガル紀行2017 9日目*ギマランイス3日目
北ポルトガル紀行2017 7日目*ポント・ド・リマ→ギマランイスへ
同じカテゴリー(ポルトガル紀行2017)の記事
 北ポルトガル紀行2017 13日目*ポルト4日目 最終日 (2017-09-20 10:00)
 北ポルトガル紀行2017 12日目*ポルト3日目 (2017-09-18 22:18)
 北ポルトガル紀行2017 11日目*ポルト2日目 北海岸へ (2017-09-18 00:35)
 北ポルトガル紀行2017 10日目*ギマランイス最終日→ポルトへ (2017-09-17 23:50)
 北ポルトガル紀行2017 9日目*ギマランイス3日目 (2017-09-10 20:03)
 北ポルトガル紀行2017 7日目*ポント・ド・リマ→ギマランイスへ (2017-09-06 22:09)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。