2016年12月26日

モンパルナスのトゥリーたち


 

学校の行き帰りに通る路地のホテル玄関などのトゥリーたち。
夕方にはもうとっぷり暗くなるこのごろ。

*******

ご無沙汰しております。
実はこれまで仏語検定試験のDELFというものを受けるべく、その準備に忙殺されていました。
11月から怒涛の受験勉強に突入し、先日やっと終わりました。
すでに結果も届き、おかげさまで合格! 
といっても今回受けたレベルはB2、英検でいうと2級くらいの感じでしょうか。
で、今やっとノエル(クリスマス)の休みです。

このひと月半ほど、勉強に集中したかったのですが、まぁ色々と、次から次へ
色んな厄介ごとに見舞われて大変でした・・・。
結果オーライでよかったですけど。。
そのうち少しずつここにも書くかも。

クリスマス、日本ではすでに終わってますね・・・遅かった。。
しかし! 25日を過ぎたとたん、一斉にトゥリーが片付けられて門松に取って代わる日本と比べ
(あれを毎年見ていて、飾りつけする人たち大変だなー!といつも思ってたのですが)、
フランスのクリスマスはかなりのんびりです。
ノエル=正月休みみたいな感覚ですね。

1月いっぱいくらいは平気でトゥリーも飾ってます。
何につけのろい私にはちょうどいい感じです。
以前、2月くらいにノートルダムのところ通りかかったら何とまだトゥリーが聳えていて、
さすがにそろそろ何とかしたらどうかと思いましたが。。

巷ではノエルという表現の代わりに fête de fin d'année (年越し祭り?)という
表現もよく聞きました。ムスリムとかの非キリスト教徒に配慮したものでしょうね。
英語でもメリークリスマスの代わりに Season's greetings と言いますものね。

 

モンパルナスの教会や、リュクサンブールの端っこにあるカフェのトゥリーなど。。

********

こちらでもイルミネーションなどなかなか素敵ですが、華やかな日本のに慣れていると
正直ずいぶんと控えめな感じ。物足りないと感じる人もいるかもしれません。
不景気と、テロのニュースも暗い影を落とし、今年はまた一段と静かな印象です。

先週末、久しぶりにオペラ地区へ行ったのですが、いっしょに歩いていたフランス人が
「ここの通り、こんなに真っ暗で地味なのは初めてだわ」と言ってました。
「あまり派手にすると、むしろ不謹慎と思われてるのかも」というと、同意してました。

さて、これ読んでくださっていた方々、「あのブログ、最近また止まってるよー(呆)」と
思われていたかもしれません。
今回、一次休止する前にその旨ひと言書いておいたほうがいいよな~とは思っていたのですが
果たせずすみませんでした。

実は書くだけかいてはみたのですが、その頃の状況と精神状態を反映して
「う~授業キツイ~! 死ぬ~! もうヤダ~!」みたいな内容になってしまいました。
・・・こんなの読まされても誰も楽しくないよなー。と思いつつ、迷いながら、
結局パソコンに入ったままになってます。。
多少ネガティヴな内容になってもとりあえず続けたほうがいいのか、
それともそんなときは沈黙していたほうがいいのか、なかなか難しい問題です。

実は年明けからまた試験期間に入り、バタバタすることになるかと。。
で、今また始めてもまた止まってしまうかも・・・という懸念もあったのですが
まぁ、色々考えてるより、放ったらかしより少しでもやったほうがいいかな。
と思って、久しぶりに更新してみました。
そんな感じで、できるときにぼちぼちやっていきたいと思いますので、よろしくです。

 

近所のスーパーに行く途中のアパルトマンのトゥリー、ガラス越しに。








同じカテゴリー(巴里日記2016-12月)の記事画像
一眼レフで撮る冬のパリ
同じカテゴリー(巴里日記2016-12月)の記事
 一眼レフで撮る冬のパリ (2016-12-31 23:41)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。