2016年11月13日

お湯が出ません。~フランス人のデモ体質とは~




底冷えのする土曜日、用事があってオペラ地区へ行ってきました。
灰色の曇り空、寒~っ!!
こちらではすでに初雪が降りました。
今年の冬は厳冬みたい。。

ちょうど十日ほど前でしょうか、サル・ガヴォーへ行った日ね。
午後から急にど~んと冷え込んだのです。
何だ何だこの寒さは・・・という感じで、それまでトレンチだったのが、
夜からダウンに着替えていきました。

しかも、その日からいきなり、暖房がつきません。
我が家は、中央暖房という、パイプがアパルトマンの各部屋を通って全体をあっためる
システム。各部屋で栓をひねって調節します。。
それが急にしーんと冷たいまま。

しかもしかも、その日からいきなり、お湯が出ません。
管理人がいないので聞く人もおらず、何がどうなってるのかさっぱり。

でも、こんなことにはもう慣れてる。
こっちに暮らしていると、困ったことって大抵三つくらい重なって起こるんです。
こんなのまだ全然いいほうだわ。。

とくに慌てることもなく、ケトルでお湯を沸かして大き目のボウルに注ぎ、
髪も洗って、湯浴みも済ませました。
幸い水も出るし、電気も使える。問題なし!

以前、自転車にテントと長靴を積んでアイルランドの荒野を旅していたときは、
その日の宿の保証もなかった。
とりあえず屋根があるだけでありがたいし、そのうえ水も電気もあるって、
ほんと、至れり尽くせり!

イニシュ・ボフィンという離島では、基本、夜間しか電気が通ってなかったし、
一日通らないこともあった。
そんなときにはやかんの水をガスで沸かして髪洗ったものです。
キャンプ経験あってよかったな。。

さて、暖房のほうは一日二日で回復しましたが、お湯、なかなか出ません。
そのうち出るだろ、と思ってあまり気にせずにいたが、いつまでもケトルにボウルで・・・
というのもだんだん面倒くさくなってきた。
南仏の大家さんに連絡すべきかしらこれ??・・・

と思っていたら、とうとうある日、アパルトマンの玄関のところに、
怒りの大書が出現。



一週間前からお湯は出ないし、玄関ホールの電球は切れたままだ!
こんなんは断じて許せん!!
住人のみんな、俺たちの権利を主張しようぜ!!!

みたいな。(たぶん)。。
って、そこまでカンカンにならなくてもw・・・さすがデモ好きフランス人、
日本人の諦め体質とは好対照。。

こっちではみんな、事あるごとにとにかく自分の権利を主張する。
労働者たちが自分たちの権利を主張しまくったおかげで、
彼らの待遇はずいぶん手厚く法律で守られるようになった。
他方、それで企業が及び腰になって、容易なことでは正式雇用しなくなってしまった。
万事そんな感じ。結局いいのか悪いのか・・・。

あちこちの大通りでしょっちゅうデモやってるし、
さいきんではお巡りさんたちまでデモやってます。(おいっ!)
真面目な主張がある一方で、ただ混乱に乗じて騒ぎたいだけの奴らもいて、
関係ない店のショウウィンドウ叩き壊して回ったり。

そんな彼らのことだから、トランプ勝利のときもデモ起こすのでは、と思ったけど、
今のところ、ひたすら打ちのめされてしまっているみたい。
去年のテロの一周忌も重なり、パリはいま、お葬式のような悲しみに沈んでます。。

ちなみに、お湯はさいきんようやく復活しました。おかげさまで。
やっぱりあったかいシャワー使えるって素晴らしい。。







同じカテゴリー(巴里日記2016-11月)の記事画像
地元民のお気に入り。秋草に染まる散歩道
コンサートのあとで♪
コンサートホール サル・ガヴォー
絶対いつかは乗馬をやるぞっ!!の巻
トゥッサンは花盛り。
同じカテゴリー(巴里日記2016-11月)の記事
 地元民のお気に入り。秋草に染まる散歩道 (2016-11-12 08:13)
 コンサートのあとで♪ (2016-11-10 06:14)
 コンサートホール サル・ガヴォー (2016-11-08 19:46)
 絶対いつかは乗馬をやるぞっ!!の巻 (2016-11-06 22:42)
 トゥッサンは花盛り。 (2016-11-06 06:29)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。